福岡大大濠、東海大福岡が来春のセンバツ出場?

秋の高校野球。先日、第139回九州地区高等学校野球大会()で、福岡県勢どうしの決勝が行われ、福岡大大濠が東海大福岡を3-4のサヨナラで下し、見事に春秋を連覇しました。秋の福岡大会決勝も福岡大大濠、東海大福岡両校のカードでしたので、事実上この福岡両校が来春のセンバツ出場が濃厚になっています。

春秋の九州大会制覇

2016年10月29日に行われた九州地区高校野球大会決勝は、見事に福岡大大濠が、春の九州大会に続き優勝を果たしました。決勝のカードは秋の福岡大会と同じ東海大福岡。連日の1点差勝負を制し勢いに乗る東海大福岡が攻守に粘り、あと一歩のところまで迫りましたが、同点で迎えた9回裏に、東海大福岡エース安田のリズムが崩れ、最後は9番三浦に投じたスライダーが甘く入り、サヨナラを許しました。

決勝

東海大福岡 3-4 福大大濠

東海福岡|000|000|300| = 3
福大大濠|020|010|001| = 4

(東)安田 (福)三浦

スポンサーリンク

福岡勢来春のセンバツはアベック出場

決勝に残った両校は来春のセンバツ出場をほぼ確実にしたといえるでしょう。2005(平成17)年以来の福岡勢アベック出場が濃厚となりました。

一つの県から2校以上の出場が望めるセンバツならではのアベック出場。来春は福岡旋風を巻き起こしてくれるのか今から期待が膨らみます。

第47回明治神宮野球大会

見事に優勝をはたした福岡大大濠は、2016年11月11日(金)から、明治神宮野球場で開催される第47回明治神宮野球大会に九州地区代表として出場します。対戦カードも決定済みで、福岡大大濠は2回戦から登場し、関東地区代表と四国地区代表の勝者と対戦します。

明治神宮野球大会は、大学生は学生生活最後の大会になるのに対して、高校野球では新体制になって初めの全国大会となります。各地区大会を勝ち上がった高校が出場でき、春の選抜大会の選考にも若干ながら影響を与える大会でもあります。

野球の技術をあげたいなら

物理学から生まれた独自の投球動作理論「LAS理論」。その中でも、理論を解説したDVDを作ってほしいとの声を各地の先生や選手、保護者の方から頂き、このDVDが生まれました。収録されているトレーニング『ベーシック5』は、道具を使わずに自分の体重だけを使って行うものです。子どもから大人まで、誰でも実践できる内容でレベルアップを図れます。
PR2週間で球速・飛距離アップ!上達DVD

捕球・スローイングから華麗なプレーまで『守備のイロハ』を徹底解説。
MLBでも活躍するあの川崎宗則選手が日本では教えてくれない””本場の守備上達法””を公開!
『エラーを防ぐ㊙捕球技術』『捕球から送球までのスピードを上げる練習法』『メジャー仕込みの練習法逆シングル・ランニングスロー』『ゲッツーのいろは』などなど。普通では教えてくれない内容が盛りだくさん。
PR野球守備の基本から応用まで全て実演解説!

書籍やDVDなど、今までの野球教材から学べる内容や、野球教室・少年野球チームで指導されている打撃理論とは『実績と効果』が違います。ここでご案内するのは、巨人の主力選手として18年間、打撃コーチとして14年間、第一線で活躍してきた篠塚和典氏が編み出した『プロも実践するバッティング上達法』です。その実績と効果を象徴するように、日本代表の選手たちも実践し、MLBで活躍したスーパースターもその内容を推薦しています。
PRあの篠塚和典氏のバッティング教材DVDが今なら7,000円OFFキャンペーン実施中

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡大大濠、東海大福岡が来春のセンバツ出場?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする