南福岡代表は沖学園で春夏通じて初出場!|2018年夏甲子園

シェアする

スポンサーリンク

第100回の記念大会である夏の全国高校野球選手権大会は、福岡からは、2校の出場できますが、南福岡代表は「沖学園」となります。決勝では、強豪の九産大九州を破っての春夏通じて初出場となります。これで、福岡は、北部も、南部も春夏通じて初出場となりました。

北部代表2018年夏の甲子園北福岡代表は折尾愛真高校!初出場決定

南福岡代表 沖学園

出場が決まってみると、次々と強豪と戦い勝利をする試合巧者ぶりが目立つ勝ち上がりでした。打ち合いになれば、打ち勝ち、投げ合いになれば、投げ勝つ。状況に応じた戦いの中で、ちょっとしたところで得点を奪い、失点を防ぐ試合巧者としての戦いができたのではないでしょうか。甲子園の舞台でも、その臨機応変な戦いで、上位進出に期待です。まずは、甲子園1勝利ですね。

スポンサーリンク

沖学園の戦績

  • 決勝 1-0 九産大九州
  • 準決勝 8-5 福岡大大濠
  • 準々決勝 4-3 東福岡
  • 4回戦 12-5 九産大九産
  • 3回戦 7-3 西日本短大付
  • 2回戦 5-1 修猷館

九州・沖縄では初の複数代表へ

今春の選抜大会では2005年以来、12年ぶりに福岡から2校出場し、福岡大大濠と東海大福岡がともに8強入り福岡県ですが、全国でも有数の激戦区の1つに数えられます。出場校は、135校前後であり、毎年強豪校がしのぎを削っています。

例年の福岡県の大会概要

福岡大会は、現在のところ南部と北部に分けて4回戦までを実施したあとで、勝ち上がった南北8校ずつの16校が5回戦以降の決勝大会(トーナメント方式)で、優勝を決していました。今回の方針を受けて、記念大会での2枠の割り振りは、今後福岡県高野連などで討議されるのではないでしょうか。

福岡北部の強豪校

  • 九州国際大付(昨夏まで3年連続夏の甲子園出場)
  • 東海大福岡(今春のセンバツでベスト8)
  • 小倉(古豪、夏優勝2回)
  • 東筑
  • 飯塚
  • 自由ケ丘

など

福岡南部の強豪校

  • 福岡大大濠(今春のセンバツでベスト8)
  • 久留米商(古豪)
  • 西日本短大付
  • 東福岡
  • 福岡工大城東
  • 九産大九州
  • 福岡第一

など強豪がぞろい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
南福岡代表は沖学園で春夏通じて初出場!|2018年夏甲子園
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする