黒田官兵衛・黒田長政の名刀「安宅切(あたかぎり)」福岡市博物館で展示

福岡市博物館で黒田家の名刀展示

2016年9月6日(火)~10月10日(月・祝)まで、福岡市博物館で黒田家に伝わる名刀『安宅切(あたかぎり)』が展示されます。

この刀は、生涯人をあまり切らなかった黒田官兵衛ですが、羽柴秀吉による淡路由良城攻めのときに、官兵衛がこの刀にて城主の安宅河内守を討ち取ったといういわれに基づいて命名されたとのこと。この刀は、刀身の方も反りがきれいで見ごたえがありますが、付属の外装が重要文化財に指定されています。官兵衛が常に脇にさしていた刀ではないかと推測されているようです。

刀身の見事な反り、さやに施された綺麗な手の込んだ装飾。どちらも見ごたえがあります。今年はこの秋限定の展示になりますので、是非ご覧になってはいかがでしょうか。

出典:www.museum.or.jp

出典:www.museum.or.jp

■展示期間:2016年9月6日(火)~10月10日(月祝)
■展示場所:企画展示室2「黒田記念室」
■開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)
■休館日:月曜日(ただし、祝休日は開館し、翌火曜日が休館)
■観覧料:一般200円、高大生150円、中学生以下無料

スポンサーリンク

黒田節でおなじみ名槍『日本号』も展示

福岡市博物館の企画展示室では、地元福岡にちなんだトピックを取り扱った展示室になっています。黒田節でおなじみの名槍『日本号』は「黒田記念室」に展示されています。

その中でもひときわ輝きを放つ『日本号』。この槍は、黒田家の家臣「黒田二十四騎」のひとり 母里太兵衛が、戦国武将の福島正則から手に入れたもので、祝宴で大盃を飲み干せばこの鎗を与えるという約束を守らせて手に入れたものです。なので別名「呑み取りの鎗」ともいわれています。

福岡市博物館HP

黒田官兵衛とは

黒田官兵衛(黒田孝高、黒田如水)は、戦国武将でもあり江戸時代の大名でもある人物。戦国時代の三英傑、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に重用され筑前国福岡藩祖となる武将です。同時にキリシタン大名でもあった事も有名です。

豊臣秀吉の側近として仕え、軍事的才能に優れた調略や他大名との交渉などに活躍しています。大河ドラマ『軍師官兵衛』でジャニーズで俳優の岡田准一さんが演じたことでさらに人気が高まりました。竹中半兵衛と双璧をなす秀吉の参謀と評され、後世「両兵衛」「二兵衛」と並び称されています。

出典:ironna.jp

出典:ironna.jp

黒田長政とは

黒田長政は、父である黒田官兵衛と同じく、豊臣秀吉に仕えた武将です。安土桃山時代から江戸時代前期にかけて活躍した武将で、筑前福岡藩の初代藩主を務めています。

特に武芸に秀でた才能があり、九州平定、文禄・慶長の役で活躍しています。特に関ヶ原の戦いでは東軍につき大きな戦功を挙げたことから、徳川家康より筑前名島に52万3千余石の大封を受け、福岡藩を立藩し、初代藩主になっています。

出典:http://blog.livedoor.jp/otakarajoho/

出典:http://blog.livedoor.jp/otakarajoho/

あわせて読みたい記事

嵐三神社って糸島に集中!『櫻井神社』に行ってみた!

福岡市内から車で30分で行ける滝!早良区『花乱の滝』マイナスイオン炸裂!

標高ランキング!福岡県で一番高い山・低い山知ってる?

楽天総合1位 3回獲得!【ハイ・ユーグレナ(みどりむしサプリ)】

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
黒田官兵衛・黒田長政の名刀「安宅切(あたかぎり)」福岡市博物館で展示
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする