子ども保険より教育国債がいい?調べてみた。

教育に関する財政支援に必要な財源を確保するため「教育国債」の案も浮上しています。一方で、小泉進次郎氏ら若手議員ら保育や幼児教育を無償にするための「こども保険」を創設する提言しています。そこで、今回は、「教育国債」とはなんぞやを調べてみました。
参考保育無償化の財源とされる「こども保険」とは?調べてみた

教育国債

安倍首相は1月の施政方針演説で「誰もが希望すれば高校にも専修学校、大学にも進学できる環境を整えなければならない」と述べ、高等教育の無償化に意欲を示しています。

スポンサーリンク

メリット

  • 教育を投資として捉えると、社会的な便益もコストより高い
  • 教育によって、国民の将来所得が増加。将来所得が財源となる

デメリット

  • それでも、要は借金なので将来負担になる
  • そもそも、とにかく大学に行けば良いのだろうか

まとめ

子ども保険より教育国債の方が整合性はあるのは明白です。子ども保険は、強制であり、教育国債は、本人の自由選択だ。日本の子どもたちへ投資をしたいという投資家、富裕層は多いように思えます。すぐに教育国債は完売されるのではないしょうか。また、将来子どもたちが大人になったとき、今の我々より教育水準は上がり、さらに一人ひとりの生産性は上がっているだろうし、結果として、将来の所得が増え、納める税金は増える。長期的な視点に立てば、これほど皆がwinになる施策はないように思えます。

「知識に投資することは、常に最大の利益をもたらす(An investment in knowledge always pays the best interest.)」というベンジャミン・フランクリンの言葉を添えて<了>

あわせて読みたい

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
子ども保険より教育国債がいい?調べてみた。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. […] 教育に関する財政支援に必要な財源を確保するための案。高等教育の無償化へ 詳細教育国債がいい? […]