小学生自由研究に。恐竜を絶命させた最新研究結果。

恐竜を絶滅させたのは「隕石だけ」じゃなかった

これまでの、恐竜絶滅の定説は、氷河期や隕石衝突などが挙げられていましたが、最新の研究結果から次のようなことが判明しました。

dinosaur

スポンサーリンク

最新の研究結果

6,600年万前の海の温度を調べた研究により、火山噴火と隕石衝突のダブルパンチが恐竜を絶滅させたことが明らかになりました。以下のように報告されいます。

白亜紀の終わりごろに見られる2つの絶滅のピークと一致する2つの急激な海洋温度の上昇を発見。1つ目はインドで起きた大きな火山噴火によって起こり、2つ目はメキシコ・ユカタン半島への小惑星の衝突が原因だ。これが最終的に多くの恐竜種の絶滅につながった。

以上の報告されています。この2つの出来事のあとに温暖化が起きたことは、貝の化石の化学組成を調べることで明らかになったそうです。「1つ目の温暖化は、インドのデカントラップ火山地域から放出された大量の二酸化炭素によるものだろう。その15万年後に起きた2つ目の気温上昇は、ユカタンのチクシュルーブインパクトのころに起きている。」と結論付けています。

常識が変わる瞬間

テクノロジ-などの真価により、定説が覆る瞬間に立ち得ることに、ロマンを感じますね。今後も、どんな発見がなされるかワクワクしますね。kihokoが知りたいのは、やっぱり人類の進化とDNAについて。サルと人間の間の進化については、特に興味深いです。学生のみなさまには、自分の興味がある分野について学ぶことをあきらめないでほしいと思います。

あわせて読みたい

人の鼻に棲む細菌から抗生物質発見!高校生物的に考える

新薬開発に取り組んでいる生物学者たちが、人の鼻の中から新抗生物質を発見記事です。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
小学生自由研究に。恐竜を絶命させた最新研究結果。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする