福岡市とLINEが連携協定締結!何が便利になるの?

福岡市とLINE株式会社が、2016年10月24日に福岡市における情報発信強化に関する連携協定を締結しました。今後は福岡市のLINEアカウントで、・子育て・環境など様々な分野の中から、ユーザーがほしい情報を選択できる仕組みづくりが行われます。併せて、LINEキャラクターが福岡の名物や魅力をアピールするLINEスタンプ「× FRIENDS」も無料で提供される予定となっています。

福岡市×LINE

main

2016年10月24日、福岡市にて、福岡市(市長:髙島 宗一郎)とLINE株式会社(代表取締役社長:出澤 剛)が、情報発信強化に関する連携協定を締結しました。

福岡市は、2012年より、LINE@アカウント(ID: @fukuokacity)を取得し、市民向けに環境情報(PM2.5基準超過予測)などを配信しています。LINEは、スマートフォンにおけるコミュニケーションおよび生活インフラを担う立場として、自治体と連携した取り組みに力を入れています。福岡市とLINE両者の目的が一致していることから、今回の連携協定が締結されました。

連携協定が締結されたことにより、今後は、福岡市のLINEアカウントで、防災や子育て、環境など、様々な分野の中から、ユーザーがほしい情報を選んで、リアルタイムで受け取ることができる仕組みづくりが検討されます。併せて、福岡市のLINEアカウントを友だち追加したユーザーに、LINEキャラクターが福岡の名物や魅力をアピールするLINEスタンプ「福岡市×LINE FRIENDS」が無料で提供される予定になっています。

福岡市の今後は、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用して、生活に密着した様々な分野の市政情報が発信されるようになるでしょう。なお、当社における政令指定都市との協定は今回の福岡市が初となります。

スポンサーリンク

福岡市が活用しているソーシャルメディア

福岡市は様々な分野で、色んなソーシャルメディアを活用しています。LINEやInstagram、Twitter、facebook、Vine、Tumblr、フォト蔵、Pinterest、Google+などなど。

日々さまざまな情報が発信されていますので、登録してみてはいかがでしょうか。福岡市が活用しているソーシャルメディア一覧は市ホームページ上にあります。

福岡市ソーシャルメディア一覧

フクオカ・スタートアップ・セレクション2016

今回のセレクションのテーマは『防災×テクノロジー』。このテーマのもと、起業家支援で活躍するMistletoe株式会社 代表の孫泰蔵氏、情報法制政策の第一人者であるLINE株式会社 公共政策室長の江口清貴氏、災害時の情報提供プロジェクトで著名な株式会社ナイアンティックのアジア統括マーケティングマネージャーの須賀健人氏が特別講演を行います。

フクオカ・スタートアップ・セレクション2016 孫泰蔵氏特別講演

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡市とLINEが連携協定締結!何が便利になるの?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする