なぜ中高生たちは、「らぶりつ」をするのか?

らぶりつをする中高生たちの実態

今、中高生たちの間で「らぶりつ」が常識化されています。

らぶりつとは?
ハートマークの「いいね」を押したうえにリツイートして拡散すること

pexels-photo-58639

スポンサーリンク

なぜ「らぶりつ」なのか?

中高生のツイッターの中身をみると、友達のお出掛け投稿もリツイート、友達が彼氏とラブラブな投稿もリツイート、友達が学校で撮ったおもしろ動画もリツイートと本人の投稿の何倍もあります。友達の幸せを一緒に喜び、友達の魅力を周囲に知らせたいのです。そこに、「らぶりつ」の理由があります。

LINEとTwitterを使い分ける

LINEのスクショ(画面のスクリーンショット)をTwitterに投稿することも珍しくありません。特に女の子は、友達から来た誕生日のお祝いメッセージ画面やタイムライン画面をスクショし、Twitterへ投稿します。自分が愛されているアピールをしたいというよりも、LINEより広い世界に見せることで、友達への感謝の気持ちを強く表したいという理由がそこにあるような気がします。

LINEは特定の人で、Twitterはつながっている人に幅広く。たとえば、「遅刻するかと思ったらギリセーフ!」など、本人には重大事案でも他人にはそうでもないことがたくさんあります。LINEで特定の人たちに送るほどではない、でも誰かに聞いてほしい。そういうときは、LINEでなくTwitterに投稿になります。

中高生のTwitterのうまい使い方

今どきの中高生は、新しい学校に入学する前から、その学校の友達ができています。それは、合格発表と同時にTwitterに高校名を投稿するからです。そしてプロフィールに「4月から○○高校」と書いている子たちとつながっていきます。Twitterに個人情報を書くな、と言いたいところですが、入学式でいきなり「Twitterの○○ちゃんだよね。隣に座ろー!」と友人関係が広がっていきます。これは、クラス替えなどにも使われます。

今や、中高生が世の中の動きを知るメディアは、テレビに次いでTwitterが第2位で56%です。その影響力は、大人にとって、企業にとっても、見逃すことができない影響力を持っていることがわかります。1人で、「本アカ(メインのアカウント)」、「裏アカ」、「趣味アカ」と3つのアカウントを持っている子も少ないわけですしね。すごい時代です。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
なぜ中高生たちは、「らぶりつ」をするのか?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする