自転車シェアサービス「メルチャリ」福岡で2月27日開始!

シェアする

スポンサーリンク

自転車シェア「メルチャリ」福岡で2月27日開始!について記述しています。メルカリグループの株式会社ソウゾウが、自転車シェアリングサービスを福岡で開始します。 先日のモバイク・ジャパンの姪浜などで自転車シェアサービスで実証実験開始!と並び、ここ福岡では、自転車シェアが一つの文化になるか注目ですね。

メルチャリ

メルチャリの最大の特徴は、加個人が大小問わずポート(駐輪場)を提供できるということではないでしょうか。利用するだけでなく、提供できるというのも興味深いですね。自宅や店舗の空き(駐車)スペースが貸し出せるといのは魅力ですね。

特に、教育サービスを運営する企業、たとえば、学習塾やアフタースクールなどが活用してくるといろいろな方面でシナジーが生まれるなんてこともあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

利用者

メルチャリの利用者は、料金は4円/1分で、専用のスマートフォンアプリから、自転車のレンタルから返却までを行うことが可能になっているようです。最初は、ポート(駐輪場)の場所の数がどれだけあるかも、利用者にとっては気になるところですね。最初は、博多・天神・ウォーターフロントエリアを中心にポートを展開。サービス開始時点のポート数は50を予定しているようです。今後の拡大に期待ですね。

安心・安全面においては、自転車に内蔵されたGPSで常時自転車の駐輪場所を把握することに加え、カスタマーサポートによる監視と対応を365日実施。突然の故障やトラブル時にも安心して利用できるとのこと。

  • 2月27日開始
  • 料金は4円/1分
  • 対応アプリはiOS版のみ先行提供開始
  • 博多・天神・ウォーターフロントエリアを中心

福岡である理由

福岡市には、2017年よりメルカリのカスタマーサポートの拠点があったことに加え、充実した都市機能がコンパクトに整っているかつ、フラットな都市であることから、自転車で移動するのに適した立地です。一方で、野球やコンサートなどのイベント開催時にはバスやタクシーなどの公共交通機関が逼迫しやすいという顕在化した交通課題もあり、今回の「メルチャリ」の提供を通じて、福岡市の交通をスムーズにし、経済やまちづくりなど、地域の活性化に広く貢献することを期待できます。(HP引用)

メルカリ

新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創るを理念に、「捨てる」をなくすために、個人間で簡単かつ安全にモノを売買できるフリマアプリ「メルカリ」を展開する今注目されている企業の1つ。日本に留まらず、アメリカ、イギリスでもメルカリアプリはリリースされています。

ソウゾウ

メルカリの100%子会社として2015年9月に設立されたメルカリグループで、『ありそうでなかったをソウゾウする』というミッションを掲げ、メルカリに続く新サービスを作っている企業。地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」も開発、運営。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
自転車シェアサービス「メルチャリ」福岡で2月27日開始!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする