【福岡・天体観測】肉眼で観察できる流星群リスト!四季の流星群

夏は流星群の季節です!年間流星群リスト

流星群の観察に適した季節は夏です。まず流星群は夏から秋にかけて頻繁に観察できるようになります。これは流星群の位置が関係しています。夏から秋にかけて地球が好転する軌道上に流星群が存在するからです。また、夏は観察に適した気候にもなります。冬の凍えるような寒さの中で天体観測するのはつらいものです。

夏は流星群の中でも1時間あたりに観測できる流れ星の数が多い、『ペルセウス座流星群』も観察できます。一年間を通して観察できる流星群。今日はそのリストを作成してみました。大切な人と宇宙の天体ショーを見ませんか。

出典:http://www.mag2.com/p/news/

出典:http://www.mag2.com/p/news/

スポンサーリンク

年間流星群リスト!今の季節何が見えるかな?

以下に、年間を流星群リストを作成しました。極大日は一定ではありませんので、年ごとに若干のずれが生じます。また放射点高度が低い場合も観察できないときがありますので、毎年確認することが必要です。月齢や天候によっても見え方が変わってきますので注意してください。

肉眼で見える『年間流星群リスト』

  • しぶんぎ座流星群(三大流星群)
    出現期間:12月28日~1月12日 極大:1月4日頃 極大時:45個/時間
  • 4月こと座流星群
    出現期間:4月16日~4月25日 極大:4月22日頃 極大時:10個/時間
  • みずがめ座η(イータ)
    出現期間:4月19日~5月28日 極大:5月6日頃 極大時:5個/時間
  • みずがめ座δ(デルタ)南流星群
    出現期間:7月12日~8月23日 極大:7月30日頃 極大時:3個/時間
  • ペルセウス座流星群(三大流星群)
    出現期間:7月17日~8月24日 極大:8月13日頃 極大時:40個/時間
  • 10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)
    出現期間:10月6日~10月10日 極大:10月8日頃 極大時:5個/時間
  • おうし座南流星群
    出現期間:9月10日~11月20日 極大:10月10日頃 極大時:2個/時間
  • オリオン座流星群
    出現期間:10月2日~11月7日 極大:10月21日頃 極大時:5個/時間
  • おうし座北流星群
    出現期間:10月20日~12月10日 極大:11月12日頃 極大時:2個/時間
  • しし座流星群
    出現期間:11月6日~11月30日 極大:11月18日頃 極大時:5個/時間
  • ふたご座流星群(三大流星群)
    出現期間:12月4日~12月17日 極大:12月14日頃 極大時:45個/時間

三大流星群が一時間あたりに観察できる流れ星の数が多いです。特に『ペルセウス座流星群』は暖かい夏に観察できる三大流星群なので、寒さが苦手の方はこちらを観察することをおすすめします。

流星群とは?

流星(「流れ星」とも言います)とは、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて大気と激しく衝突し、高温になってチリが気化する一方で、大気や気化したチリの成分が光を放つ現象です。

彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。

流星群

あわせて読みたい記事

8月12日ペルセウス座流星群が見ごろ!福岡天体観測
8月12日はペルセウス座流星群に注目!福岡でも見れる! 2016年8月12日(金)は、年間三大流星群の一つである「ペルセウス座流星群」が好…
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・天体観測】肉眼で観察できる流星群リスト!四季の流星群
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする