世界遺産の宗像大社とは?交通安全にご利益

2017年7月に、ポーランドクラクフでのユネスコ世界遺産委員会で、正式に世界文化遺産に登録されたのが宗像大社です。今日は、福岡県にある世界文化遺産「宗像大社」についてお伝えします。

宗像市「宗像大社」

宗像大社

宗像大社は宗像市にある神社で、日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社の総本社となっています。また、宗像三女神を祀る神社の総本社でもあります。なかでも、三女神のうち市杵島姫神(イチキシマヒメ)を本殿に祀っており、沖ノ島にある沖津宮(おきつぐう)、大島にある中津宮(なかつぐう)、九州本土にある宗像大社が辺津宮(へつぐう)という位置づけになっています。

2017年7月に世界文化遺産に登録されたのは、沖津宮がある沖ノ島全体と中津宮、宗像大社の本殿がある辺津宮、祭祀を担った豪族の墓とされる「新原・奴山古墳群」の『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群になります。

スポンサーリンク

宗像大社は交通安全の神

九州本土宗像市にある辺津宮、そこから11km離れた大島の中津宮、さらに49km離れた沖ノ島の沖津宮を直線で結び、さらにそれを朝鮮半島まで延長すると、145km離れた韓国の釜山の方向に向かいます。

古代より宗像市周辺は、大陸と半島の政治、経済、文化の海上路でもありました。そのため、宗像大社は古くから海上・交通安全の神としてあがめられ、現在では海上交通に限らず、交通安全の神として多くの信仰を集めています。休日になると、宗像大社の駐車場で、新車を購入した家族連れがお祓いをうける風景をたびたび見かけます。

また、福岡県内をドライブすれば気づきますが、宗像大社のステッカーやお守りをつけた車が非常に多いことに目が行きます。

第二宮・第三宮には田心姫神・湍津姫神

本殿の奥には第二宮・第三宮があります。第二宮は沖津宮分社となっており、田心姫神(タゴリヒメ)が祭られ、中津宮分社となっている第三宮には湍津姫神(タギツヒメ)が祭られています。

修復工事のため、しばらく参拝ができませんでしたが、2017年9月に修復工事も完了し、現在参拝が可能になっています。本殿だけでなく第二宮・第三宮を参拝すると、宗像三女神の全ての参拝ができるようになっているのです。

福岡県の神社

その他にも、さまざまなご利益で有名な神社を紹介しています。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
世界遺産の宗像大社とは?交通安全にご利益
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ