【熱中症】福岡で31℃を越えると熱中症の人が激増します!

熱中症にご用心ください

福岡でも、最高気温が31℃を超えると熱中症で救急搬送される人が激増します。特に高齢者の方は、温度変化に対する感覚が鈍くなっているため注意が必要です。また、乳幼児は短時間で発症することがあるので乳幼児を育てている親御さんも注意が必要です。

スポンサーリンク

熱中症発生の注意

熱中症は暑さのための体温調節がうまくいかず、体内の水分や塩分のバランスが崩れて発症します。屋外の活動だけでなく、家庭内など屋内での発症も多く、労働時や労働後、運動時の発症に注意が必要です。

熱中症の予防のポイント

・こまめに水分補給
・汗をかいたら水分とともに塩分を
・外出時には帽子、日傘を使用
・部屋の温度や天候に注意
・エアコンや扇風機を上手に使用
・体調が悪いときは無理をしない
・規則正しい生活

この夏は、感染症にも注意

【流行の兆し】”夏かぜ”の代表的な疾患、ヘルパンギーナに注意!
ヘルパンギーナに流行の兆し 「夏かぜ」の代表的な疾患で、高熱や口腔内に水疱などを伴うヘルパンギーナが西日本で流行の兆しを見せているようです…
プール熱に注意!ここ福岡でも流行の兆し。
周りに風邪ぽいって言っている人増えていませんか? GW前後から、なんとなく、学校でも会社でも風邪をひいたと言って休んでいる人増えていません…
【福岡・食中毒】カンピロバクター食中毒が流行!?
カンピロバクター食中毒とは… 最近、増えてきている食中毒です。福岡市市内では、最も、多くなっています。このカンピロバクター食中毒は、鶏など…

また、海外に行かれる際には、ジカウイルス感染症、デング熱など蚊が媒介する感染症にも気をつけましょう。流行地では、肌の露出を控え、虫よけ剤などを利用して、蚊に刺されないようにしましょう。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【熱中症】福岡で31℃を越えると熱中症の人が激増します!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする