福岡市西公園の桜が見ごろ!3月23日からライトアップ

大濠公園や舞鶴公園と並ぶ、福岡市民の憩いの公園「西公園」。桜の名所としても有名で、福岡県内で唯一、日本のさくら名所100選に選ばれている場所です。今週末で5分咲き、今月末には満開になる見通しです。

福岡市「西公園」の桜が見頃

西公園のシダレザクラ

シダレザクラ 2018年3月23日撮影

福岡市中央区にある西公園には、約1300本の桜が植えられており、春になると公園内の随所に満開の桜が咲き乱れます。2018年の見頃は、3月28日(水)頃となっており、今週末から露店の営業やライトアップが始まります。

西公園のさくらの見どころは、種類の多さと多彩なロケーションです。園内には、ソメイヨシノをはじめ、ヨウコウザクラ、シダレザクラ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど様々な桜が咲いています。また、光雲神社や玄界灘の一望を背景に桜を楽しめるスポットにもなっています。

毎年3月末から4月頭にかけてが桜の見ごろになります。期間中は22時ごろまでライトアップや露店の出店が行われます。交通規制もかかりますので、公共交通機関を使ってお花見に訪れるのがいいでしょう。

スポンサーリンク

西公園の桜の種類

西公園のヨウコウザクラ

ヨウコウザクラ 2018年3月23日撮影

西公園の桜は種類が豊富です。満開の時期が桜の種類によって異なるので、長い期間、お花見を楽しむことができます。

  • ソメイヨシノ
  • シダレザクラ
  • ヨウコウザクラ
  • ヤマザクラ
  • オオシマザクラ

2018年西公園の桜のライトアップと交通規制情報

西公園中央展望広場

中央展望広場 2018年3月23日撮影

2018年は、3月28日(水)頃が桜の満開となる見通しです。見頃の時期の天候は快晴が続き、一気に満開の桜が見られそうです。3月23日(金)時点で、さくらだにのヨウコウザクラと、光雲神社下のシダレザクラが満開を迎えていました。

2018年は3月23日(金)から4月9日(月)までがライトアップ期間となっており、期間中は露店営業がなされます。あわせて園内への交通が規制されますので、午後には車両の進入ができなくなります。

  • ライトアップ期間:2018年3月23日(金)~4月9日(月)
  • ライトアップ時間:18:00~22:00
  • 交通規制:13:00~翌朝8:00まで公園内に車両進入禁止

西公園の駐車場情報

西公園は、桜の季節になると交通規制が敷かれます。期間中は13:00から翌朝まで、車両の進入が不可能になるだけではなく、駐車場からの出庫もできなくなります。午前中は車の乗り入れが可能ですので、車でお越しの方は、午前中の花見がお勧めです。

また、公園内の駐車場は無料です。西側駐車場、東側駐車場、中央駐車場と3カ所の駐車場があります。全部の駐車場を合わせると80台近くの車が停められます。

  • 東駐車場
    開場時間:10:00~20:00
    台数:43台 大型4台
    料金:無料
  • 中央駐車場
    開場時間:9:00~22:00
    台数:13台
    料金:無料
  • 西駐車場
    開場時間:9:00~22:00
    台数:19台
    料金:無料

西公園へのアクセス

  • スポット名:西公園
  • 場所:福岡県福岡市中央区西公園
  • 電車でのアクセス:福岡市地下鉄大濠公園駅から徒歩15分
  • 車でアクセス:福岡都市高速道路西公園ICから約5分

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡市西公園の桜が見ごろ!3月23日からライトアップ
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ