筑紫丘高校出身 岡崎琢磨『珈琲店タレーランの事件簿』200万部突破

宝島社文庫『珈琲店タレーランの事件簿』シリーズが面白すぎると話題のようです。筆者は福岡県太宰府市出身の岡崎琢磨氏。2016年11月8日(火)に、シリーズ第5巻『珈琲店タレーランの事件簿5 この鴛鴦茶(えんおうちゃ)がおいしくなりますように』が刊行されます。

珈琲店タレーランの事件簿

今話題の『珈琲店タレーランの事件簿』シリーズは、主人公である喫茶店のバリスタ「切間美星」が明快な推理を展開することで、種々の謎を解決するというストーリになっています。特に1、2巻の人気が高く、日常生活の中でのちょっとした事件を京都市内の情景、コーヒーの薀蓄、伏線と叙述トリックなどを絡ませながら見事に書き上げた短編推理小説に仕上がっています。特に女性に人気のシリーズで、まったりした話しを楽しむにはおすすめのシリーズです。

「タレーラン」シリーズは、京都を舞台にした日常の謎解きや珈琲にまつわるうんちくなどを含んだ人が死なないライトなミステリーである点や、手に取りやすいかわいいイラストの表紙が受け、年配の女性、珈琲好きの方、若い男性など、幅広い世代に支持をされています。また、第1巻は第一回「京都本大賞」大賞を受賞。「隠し玉」シリーズでは異例の累計200万部を突破するベストセラーになりました。

珈琲店タレーランの事件簿(1) [ 峠比呂 ]

価格:745円
(2016/11/4 11:12時点)
感想(1件)

スポンサーリンク

著者は太宰府市出身の岡崎琢磨(おかざきたくま)氏

筑紫丘高校を卒業後 京都大学法学部へ入学

筑紫丘高校を卒業後 京都大学法学部へ入学

「タレーラン」シリーズの筆者は岡崎琢磨氏です。1986年に福岡県太宰府市で誕生。県内の高校でもトップクラスの進学校「福岡県立筑紫丘高校」を卒業し、京都大学法学部に入学。卒業後は、地元の福岡県の寺院に勤務しながら、第10回『このミステリーがすごい!』大賞に応募します。

惜しくも大賞受賞は逃しますが、「隠し玉」として、『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』で2012年8月にデビュー。異例のシリーズ累計200万部を突破している。その他の著書に『季節はうつる、メリーゴーランドのように』(2015年7月 角川書店)、『道然寺さんの双子探偵』(2016年6月 朝日文庫)などがある。現在は東京都在住。

シリーズ第5巻が11月8日に発売

待望のシリーズ第5巻『珈琲店タレーランの事件簿5 この鴛鴦茶(えんおうちゃ)がおいしくなりますように』が、2016年11月8日に発売されます。

アオヤマが理想の珈琲を捜し求めるきっかけとなった女性・眞子。11年ぶりに再会した彼女は、どこか悩みを抱えているようだった。後ろめたさを覚えながらも、アオヤマは眞子とともに珈琲店《タレーラン》を訪れ、女性バリスタ・切間美星に引き合わせるが・・・・・・。眞子に隠された秘密を解く鍵は――『源氏物語』。平安の王朝絵巻を背景に美星の推理が冴え渡る!

珈琲店タレーランの事件簿(5) [ 岡崎琢磨 ]

価格:712円
(2016/11/4 11:11時点)
感想(0件)

あわせて読みたい記事

参考教育を経済学で考察!保護者が絶対に読むべき本

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
筑紫丘高校出身 岡崎琢磨『珈琲店タレーランの事件簿』200万部突破
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする