女性のオーガズムは何の為にあるのか?研究チームが新説発表

女性のオーガズムについて新説発表!進化の過程の産物

オーガズムとは、

累積的な性的緊張からの突然の解放のことであり、骨盤まわりの筋肉のリズミカルな痙攣を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至るもののことであり、また一面では、喜びを感じ、ゆだねるという心理的な経験であり、その時、心はもっぱら自分の個人的な体験だけに向けられているものである。

出典:Wikipedia

簡単に言えば、性行為時の快感とそれに伴う収縮運動です。このオーガズムがなぜあるのかというと、男性の場合は、女性の体内に精子を送り込むためであると、はっきりとした根拠がありますが、女性のオーガズム、性的絶頂感はなぜあるのでしょう?この問いは2000年以上もの間、哲学者や科学者が頭を悩ませてきたものだそうです。

この問いに関する新説が最近発表されました。発表したのは米エール大学などの研究チーム。実験動物学の専門誌「ジャーナル・オブ・エクスペリメンタル・ズーオロジー」に論文が掲載されました。内容を簡単にまとめてみると以下の通りです。

古代に棲息していた哺乳類の共通祖先では、雌の排卵を誘発するために雄による刺激が必要でした。この刺激がオーガズムです。多くの哺乳動物ではホルモンのプロラクチンとオキシトシンの分泌が排卵と関連していることが分かっています。人間ではこれらのホルモンが女性のオーガズムに伴って分泌されことを、この研究チームが発見しました。ここから導き出されることは、人間の祖先も昔はオーガズムによって排卵していたということになります。この排卵の仕組みが、人間が進化する過程で、自然発生的な周期的排卵にかわっていたったのだと結論付けることができます。

確かに女性のオーガズムについては「何で女性にもあるのだろう?」と疑問を抱いていました。進化の過程で新説が発表したことにより謎が解けてすっきりしたような気分です。完全に証明されているわけではありませんので1つの参考にしてみてください。

男女1

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

日々新発見が続く科学の世界。子らからの時代科学の知識は必須になります。今話題の最新科学ニュースを確認しましょう!

人の鼻から新抗生物質!化合物の名勝は「ルグドゥニン(Lugdunin)」

新薬開発に取り組んでいる生物学者たちが、人の鼻の中から新抗生物質を発見しました。他にも人に棲む細菌には抗生物質の候補生たちが隠れているようです。

植物の光合成反応の可視化に成功!中学高校生にもわかりやすく解説

生きた植物細胞内にある葉緑体の内部での「光エネルギー伝達」の変動の様子を可視化することに成功しました。科学が進歩し、今まで見えなかったものが見える時代になってきています。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
女性のオーガズムは何の為にあるのか?研究チームが新説発表
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする