福岡のお月見団子の由来とお月見スポット

福岡のお月見団子の由来とお月見スポット

ようやく暑さも和らぎ、涼しくなってきました。虫の音も蝉の少し煩い音から鈴虫の心地よい音色へ変わり、9月の代名詞ともいえるお月見のシーズンがやってきました。秋というとスポーツの秋、芸術の秋といろいろあるけれど、ゆっくりお月見をして、お供えの団子を食べて秋を満喫するのもいいですよね。今回はお月見スポットを紹介します!

その前に

お月見とは…
お月見は旧暦の8月15日に行う行事で、中秋の名月や十五夜などとも呼ばれています。現在の暦の数え方では、9月中旬〜10月上旬の間となり毎年日にちが異なります。ちなみに2016年(平成28年)は、9月15日です。
スポンサーリンク

お月見団子の由来

ピラミッドのような山形に団子を盛る由来は、団子の先端が「霊界」に通じると考えられてきたからです。団子を通して、収穫の感謝の気持ちを月に伝えていたと考えられています。霊界と通じたい時には、このようにお供えものを中空に高く積み上げたり、つるしたりします。太陽と同じように月も豊かな実りの象徴ということになります。平安時代から既にお月見はあったことが分かっています。

月の異名にも、感謝が…

その収穫を感謝する気持ちは、月の呼び名からも分かります。旧暦の8月の初め(新月)から数えて、15日目に当たる十五夜(満月)を「芋名月」と呼ぶよ。今年は10月3日がそうです。ほかにも、旧暦の9月の初めから13日目の十三夜を「豆名月」「栗名月」と呼び、それぞれ、収穫時期に合わせて名付けらています。農作業と月って、密接な関係にあることがわかりあすね。自宅で自家製のお団子を作ってお供えし、部屋を真っ暗にしてお酒を飲みながらお月見するなんて事ものんびりして良いものいいまですね。

福岡のお月見スポット

福岡空港の送迎デッキ・展望室

夜景スポットとしても、有名ですが、空港という非日常的な場所で、お月見を見るってのもいいですよ。

福岡タワーでは毎年、四季折々のイルミネーションを行っており、秋は9月中旬から下旬頃の間に「お月見イルミネーション」を実施しています。ビルの真ん中あたりの満月の中で、うさぎが餅つきしているのが特徴です。もちろん、福岡タワーから月を眺めるも良いですよ。
参考 福岡タワー“イルミコレクション”一挙公開!

そのほかのスポット

愛宕浜から今夜の一枚
福岡の天体観測スポット紹介!デートに最適なおすすめ3選!

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡のお月見団子の由来とお月見スポット
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする