福岡の梅の名所紹介!ドライブに最適おすすめ4選

花が少ない冬に咲く花としてみんなに愛されている花が「梅」です。開花時期は1月中旬から3月末までと時期もさまざまなものがありますが、冬の寒さの中咲き始める梅のインパクトは大きいものがあります。花が恋しいこの季節に見られる福岡の「梅」スポットをご紹介します。

福岡の梅の名所

梅は花の中でも品種が多く、現在では300種以上があると言われています。日本の梅は古来中国から伝わったもので、野生の梅もその名残だと言われています。

桜などに比べ休眠が浅いため、開花時期が天候によって大きく左右されます。日照時間が長くなり温暖な気候の年は開花時期が早まり、逆に日照時間が少なく気温が低かった年は開花時期が遅くなる傾向があります。

梅の花の開花前線はゆっくり約5カ月もかけて日本列島を北上します。1月下旬から九州の南部や高知県、和歌山県の南端などで開花が始まり、福岡県には2月中旬ごろに開花前線が到達します。

桜と違って、開花から花びらが散るまでゆっくりと花を楽しむことができるのがうれしいですね。今年はいつになったら梅の花が開花するのか楽しみですね。

福岡県にも梅の花を楽しめるスポットが沢山ありますが、市内中心部からドライブで訪れるには最適なスポットをご紹介します。

谷川梅林 八女市

  • 見頃:2月中旬~3月上旬
  • 梅:約30,000本 白梅

出典:八女市商工会

福岡県で最も有名な梅スポットではないでしょうか。八女市の谷川地区一帯に広がる「谷川梅林」は、九州の梅の三名園にも数えられる梅の産地になっています。圧倒されるのがその本数。約80ヘクタールの敷地の中には、他のスポットとは群を抜いて3万本もの梅が咲き乱れます。

毎年、梅に時期になると「夢たちばな観梅会」が実施され、特産品の販売やイベントで多くの観光客が集まります。是非一度3万本の梅の花を満喫してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

第28回夢たちばな観梅会

平成29年2月18日(土)~26日(日)にかけて、満開の梅の観梅会が行われます。開催期間中は駐車場が無料開放されたり、立花ワインの無料試飲会なども行われます。開催期間中の土日にはステージイベントも開催され、春の訪れを満開の梅の中で楽しく感じることもできます。

HP:立花町観光協会

谷川梅林 位置情報

国道3号線沿い、道の駅たちばな農産物等直売所近くにあります。

  • 梅:約30,000本
  • 場所:福岡県八女市立花町谷川
  • 時間:見学自由(観梅会期間以外立入不可)
  • 観梅会期間:平成29年2月18日(土)~26日(日)
  • 入園料:無料(ワインセラーは大人400円)
  • 電話:0943-23-4941(八女市立花支所 産業経済課 商工観光係)
  • 駐車場:500台無料
  • HP:http://www.tachibana-kankou.jp

福岡城跡(舞鶴公園) 福岡市

  • 見頃:1月下旬~2月中旬
  • 梅:約300本 紅梅・白梅

出典:福岡城むかし探訪館

福岡の初代藩主黒田長政によって築かれたお城「福岡城」。現在は舞鶴公園としてその城址は福岡市民の憩いの場となっています。毎年桜の季節にはたくさんの花見客でにぎわいますが、梅の花も一足先に満開の次期を迎えます。

早春になると、敷地内の約300本の梅の木が花開き福岡市に春の訪れを感じさせてくれます。梅の花と福岡市の景色も一望できる絶景を是非一度ご覧ください。

福岡城さくらまつり

毎年春になると、福岡城がある舞鶴公園では「福岡城さくらまつり」が開催されます。舞鶴公園は福岡市屈指の桜の名所で、全国では6位、福岡県内では1位の非常に人気があるお花見スポットです。夜はライトアップも行われ連日花見客でにぎわいます。

【福岡・舞鶴公園】福岡城さくらまつり
福岡市のさくらまつりといえば『福岡城さくらまつり』。毎年舞鶴公園と大濠公園には多くの花見客が集まります。今日は福岡城さく...

福岡城跡(舞鶴公園) 位置情報

福岡市営地下鉄「赤坂駅」と「大濠公園」が最寄り駅になります。散策に適した場所です。

  • 梅:約300本
  • 場所:福岡県福岡市中央区城内1-4
  • 時間:見学自由(多門櫓・牡丹芍薬園は9~17時)
  • 入園料:無料
  • 電話:092-781-2153(舞鶴公園管理事務所)
  • 駐車場:139台(1時間150円)
  • HP:http://fukuokajyo.com/
福岡のおすすめデートスポット!冬の福岡城を散策
秋から冬にかけては空気が澄んでおり、日常の景色も美しく見えます。今日は福岡市内の冬のおすすめのデートスポットをご紹介しま...

白木谷梅林 北九州市

  • 見頃:2月上旬~3月中旬
  • 梅:約1,200本 白梅・紅梅

出典:mr-walk.com

白木貯水池に流れ込む草木川沿いに咲き誇る梅が見事なスポットです。造園業(樹木医)を営む個人が管理している梅林で、紅梅、白梅の鮮やかな赤と白が春の訪れを感じさせてくれます。梅の種類も豊富で30種類、1200本の梅が咲き乱れ、観光客の目を楽しませてくれます。

川沿いに咲く赤と白の梅の花と、あたりを包む濃い緑のコントラストも鮮やかで、梅特有の甘酸っぱい香りも十分に楽しめるスポットです。

白木谷梅林 位置情報

畑貯水池白木橋駐車場から北東、白木貯水池方面へ約1Km 程度の谷あいにあります。道が狭いので離合に注意してください。

  • 梅:約1,200本
  • 場所: 福岡県北九州市八幡西区畑
  • 時間:見学自由
  • 入園料:無料
  • 電話:093-642-1441(八幡西区役所 総務企画課)
  • 駐車場:100台無料(1kmほど離れています)

太宰府天満宮 太宰府市

  • 見頃:2月上旬~3月上旬頃
  • 梅:約6,000本 飛梅(色玉垣)、皇后梅、肥前紅など

出典:太宰府天満宮

福岡県で梅の名所といえば太宰府天満宮ではないでしょうか。参道で販売されている「梅が枝餅」にも表れているように、梅が名物になっています。早春になると敷地内に約6,000本もの梅が咲き乱れ、あたりは梅の香りが漂います。

学問の神様で有名な菅原道真公を慕い、京から飛んで来たという本殿向かって右側の飛梅も有名で、あたりを散策するだけでも歴史に勉強になること間違いありません。

太宰府天満宮がつくられた理由

太宰府天満宮には、歴史にまつわる謎がいくつも隠されています。境内を散策しながらその謎を解き明かしてみるのも面白いですよ。また、周辺には九州国立博物館などもありますので、一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

【福岡・太宰府】天満宮の牛の像が座り込んでいる理由
太宰府天満宮がつくられた理由 太宰府天満宮は、平安時代に活躍した「菅原道真(すがわらのみちざね)」の墓所の上に社殿を造...
【福岡・太宰府】太宰府天満宮の参拝後におすすめのカフェ3選!
太宰府のこだわりのデートでおすすめカフェ3選! 今回は、福岡の太宰府にあるおすすめのカフェを紹介です。太宰府天満宮によ...
太宰府・竈門神社の紅葉がライトアップ!神秘的な風景
福岡で紅葉のライトアップが見られる場所として有名なのが、太宰府にある「竈門神社」です。毎年11月中旬から12月初頭にかけ...
【福岡女子デート】九州国立博物館で大人デートはおすすめ
博物館デート 九州国立博物館。108年ぶりに国内で4番目に誕生した国立博物館です。明治期に岡倉天心が「九州にも博物館を...

太宰府天満宮 位置情報

太宰府天満宮周辺には有料駐車場が沢山あります。西鉄天神福岡駅から電車で30分と電車での移動も便利です。

  • 梅:約6,000本
  • 場所:福岡県太宰府市宰府4-7-1
  • 時間:6:30~19:00
  • 入園料:無料
  • 電話:092-922-8225
  • 駐車場:有料1500台(500円)

あわせて読みたい記事

【福岡・パワースポット】菜の花が満開のおすすめスポット4選
春の花の代表である菜の花。一面に黄色い花が咲き乱れる様子は圧巻です。毎年多くの人が足を運び、春の喜びを感じています。今回...
【保存版】福岡のパワースポットまとめ。季節別に訪れたいスポットを掲載!!
福岡のパワースポット! Fukuuが総力を挙げて、福岡のパワースポットの取材を重ねています。気分すっきり、運気アップ!...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
NO IMAGE
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ