福岡県の市町村人口ランキング!2018年4月の県内の人口

シェアする

スポンサーリンク

福岡県市町村の人口ランキングです。2018年(平成30年)4月1日での人口数も元に、福岡県の市町村の人口ランキングをお伝えします。

福岡県の2018年4月の人口数

福岡県の人口…5,099,604 人

2018年(平成30年)4月の福岡県の総人口は、5,099,604 人となっています。2017年(平成29年)よりも約1,500人ほどの増加になりましたが、前月よりも9,448人が減少している状況です。特に減少が著しい地域は北九州地区になります。

また、世帯総数は前月と比べると3,692世帯増加し2,260,340世帯で、人口が減少している状況で世帯数が増加するという核家族化や一人暮らし世帯の増加が目立っています。

スポンサーリンク

福岡県の人口の増減

福岡県の市町村の2018年(平成30年)4月1日時点の人口ランキングをご紹介します。トップはやはり福岡市で、前年4月1日よりも12,426人増加の1,570,095人となっています。これは、福岡県の人口の約30.79%を占めており、福岡市への人口の集中が続いていることを表しています。

前月と比べ、福岡県内のほとんどの市町村で人口の減少が続いています。福岡県内にある市町村60市町村で、87%にあたる52の市町村で人口の減少となっています。福岡市以外で人口の増加が著しいのは、福津市、須恵町、志免町、新宮町、久山町など、福岡市に東部に隣接している市町村になっています。

人口の減少が最も多いのが北九州市で、前月と比べ3,164人の減少で、人口の減少に歯止めがかからない状況になっています。その他の地域も著しい減少が起きています。

福岡市の人口ランキング(2018年4月1日)

  • 1位:福岡市 1,570,095人
  • 2位:北九州市 945,061人
  • 3位:久留米市 303,757人
  • 4位:飯塚市 127,626人
  • 5位:大牟田市 113,485人
  • 6位:春日市 110,870人
  • 7位:筑紫野市 102,297人
  • 8位:大野城市 100,124人
  • 9位:糸島市 97,167人
  • 10位:宗像市 96,921人
  • 11位:太宰府市 72,127人
  • 12位:行橋市 70,983人
  • 13位:柳川市 65,798人
  • 14位:八女市 62,412人
  • 15位:福津市 62,392人
  • 16位:古賀市 58,397人
  • 17位:小郡市 58,182人
  • 18位:直方市 56,241人
  • 19位:朝倉市 50,691人
  • 20位:那珂川町 50,081人
  • 21位:筑後市 48,452人
  • 22位:田川市 47,328人
  • 23位:粕屋町 46,976人
  • 24位:志免町 45,498人
  • 25位:中間市 40,635人
  • 26位:宇美町 37,695人
  • 27位:嘉麻市 36,975人
  • 28位:みやま市 36,806人
  • 29位:苅田町 36,107人
  • 30位:大川市 33,634人
  • 31位:新宮町 32,078人
  • 32位:岡垣町 31,067人
  • 33位:篠栗町 31,047人
  • 34位:筑前町 29,277人
  • 35位:うきは市 28,486人
  • 36位:水巻町 28,583人
  • 37位:須恵町 27,927人
  • 38位:宮若市 27,409人
  • 39位:豊前市 25,179人
  • 40位:福智町 22,046人
  • 41位:広川町 19,981人
  • 42位:みやこ町 19,347人
  • 43位:遠賀町 18,753人
  • 44位:築上町 17,756人
  • 45位:川崎町 15,906人
  • 46位:鞍手町 15,492人
  • 47位:大刀洗町 15,192人
  • 48位:大木町 14,022人
  • 49位:芦屋町 13,599人
  • 50位:桂川町 13,186人
  • 51位:香春町 10,325人
  • 52位:添田町 9,451人
  • 53位:糸田町 8,718人
  • 54位:久山町 8,676人
  • 55位:小竹町 7,483人
  • 56位:上毛町 7,293人
  • 57位:吉富町 6,553人
  • 58位:大任町 5,028人
  • 59位:赤村 2,915人
  • 60位:東峰村 2,016人

参照:福岡県「人口移動調査」平成30年4月1日現在

市や町の定義がわからない状況になっていますね。人口が集中しているのが、福岡市などの都市部とその周辺のベッドタウンとなっている市町村になっていることがわかります。

まとめ

人口が急激に減少する時代が到来しました。今後人口の減少に歯止めをかけることはできないでしょう。無理に人口の減少に対応してしまうと、福岡県内の市町村で人口の奪い合いが起こるだけになります。

各市町村が独自の生き方を模索して、住んでいる人が誇りに思えるような街づくりを目指していってほしいと思います。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡県の市町村人口ランキング!2018年4月の県内の人口
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする