【福岡発未来のホープ】高校生の木下怜香さん

未来の次世代リーダー養成塾設立へ

福岡の都心から離れたのどかな土地で育った木下怜香さん。その土地柄か、いい人そうだなあ。信頼できる人そうだなあというのが第一印象の木下さん。インタビューしていく中で、感じられたのが、芯の強さとゆるぎない決意。彼女をそういたらしめるきっかけをインタビューの中で探っていきました。

kinoshita

スポンサーリンク

次世代リーダー養成塾というキーワードへのきっかけ

彼女もまた、高1年生で、自ら申し込んだ市の教育プログラムでのマレーシアへの短期留学という海外の経験があります。そこで、目の当たりにした飢餓で苦しむ人たち。自然と、「なんとかして、解決したい!」と芽生えたのが次世代リーダー養成塾設立のきっかけです。彼女自身は、福沢諭吉先生の大学法学部の進学を現在目指しています。それは、飢餓を法の立場で救えないかという視点からです。

自らが先頭にたち、その傍らで新しい次世代リーダー養成塾を設立し、英語を話せる日本のリーダーを養成し、世界から飢餓をなくし、それから解放された外国人の多くを日本に招き入れ、日本を観光立国にしていくという彼女のビジョンは、壮大でした。

また、それを実現するためにも、彼女は既存する次世代リーダー養成塾にも、サマースクールで、彼女は高2生の時に参加しており、現在は、高校生観光ガイドにも挑戦中です。

インタビュー後記

その安心と信頼を一瞬にして掴むことのできる彼女の人柄は、誰にも負けないくらい素晴らしいものでした。彼女もまた、私たちがこれからもサポートしたくなるような存在でした。どうやら、彼女には、ビジョンを現実にする強さが備わっているようです。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡発未来のホープ】高校生の木下怜香さん
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする