初めて福岡に来る外国人に勧めたい福岡市の6つのエリア

福岡市、外国人におすすめの6つのエリア

外国人観光客が増えていることは、数字の上でもそうですが、私たちの生活の中でも実感していることではないでしょうか。特に、ここ福岡市は、市の取り組みにおいても、アジアの玄関口としての発展も目指しています。その利用の良さが、全国でも格別だからでしょう。福岡空港は、空港には珍しく市街地にあり、博多や天神の都市部まで約10分の利便さです。国内線と国際線は、無料シャトルバスが運航されるなど特異な例もみられます。アジアの玄関口になるには、もってこいの空港です。

外国人の知り合いも増えていくことでしょう。今回は初めて福岡に来る外国人に勧めたい6つの福岡市のエリアを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

福岡市の6つのエリア

博多エリア

ビジネス・観光の拠点と言えるでしょう。博多駅には、「JR博多シティ」「KITTE博多」を筆頭に名店街やテナントも多くショッピングが楽しめます。また、博多駅から徒歩10分圏内には、古い町並みが残っているのも特徴です。中でも、博多祇園山笠で知られる博多の総鎮守「櫛田神社」、日本初の禅寺「聖福寺」、木造座像では日本最大級の福岡大仏がある「東長寺」、うどん・そば・羊かん等の発祥である「承天寺」など、歴史ある神社仏閣が点在しています。ですので、外国人に日本の文化、福岡の文化を知ってもらうには絶好のエリアです。

(続)【福岡・博多】博多マルイグランドオープン!
KITTE博多の核テナント博多マルイ 先日もこのFukuuで取り上げたKITTE博多(KITTE博多)でですが、今回は、その核テナントの博…

天神エリア

主要金融機関ほか、福岡でなく九州の行政・経済の中心地です。南北を貫くメインストリートの渡辺通り沿いには、デパートやファッションビルが並びます。地下街や新天町商店街には、さまざまな業種の店舗が並び、雨の日でもショッピングが楽しめます。大名、今泉、警固の路地には個性的なショップや隠れ家的レストラン・カフェなどがあり、見どころがたくさんあります。外国人にコアの福岡を知ってもらうには、絶好の場所です。

中洲川端エリア

博多川と那珂川に囲まれた中州は、博多と天神を結ぶエリアがあるとともに、夜にはネオンが輝く西日本有数の歓楽街でもあります。川沿いには博多名物の屋台が並び、隠れた老舗店やバーがひしめくグルメスポットが満載です。福岡博多の食文化を外国人に知ってもらうには、打ってつけの場所となります。一方で、川端には、福岡で最も古い商店街「博多川端商店街」が連なり、商人の町と栄えた昔ながらの情緒も知ってもらえます。

ベイサイドエリア

博多港のシンボルで、全長100メートルの「博多ポートタワー」、博多ふ頭旅客ターミナル、レストランや天然温泉がある「ベイサイドプレイス博多」が集まるエリアは、福岡のウォーターフロントとして知られています。また向かいには、コンサートや展示会、国際会議が開催される複合コンベンションゾーンとしても知られています。中央ふ頭には、国内外からのクルーズ船の需要に対応するため、「クルーズセンター」も設置されています。

クルーズ旅行はいかが?クルーズ船、寄港回数日本一になった博多港から。
昨年、海外から寄港したクルーズ船の数が日本一へ 昨年、12年連続日本一だった横浜港を抜いて、海外から港へ立ち寄ったクルーズ船の寄港回数で博…

福岡城エリア

国指定史跡の福岡城跡をシンボルとし、桜の名所でもある舞鶴公園。福岡城の外濠として城の護りとしたのが由来の水景公園で、4月花見の名所でもある舞鶴公園での桜まつり、8月の花火大会が有名な大濠公園と公園も点在しています。そのほか、福岡市美術館、日本庭園などもあります。市の中心部でありながら、四季の自然、歴史、美術、文化、スポーツに親しみたい外国人に、おすすめしたいスポットです。

百道エリア

福岡タワーや福岡ヤフオク!ドームなど、福岡のシンボル的施設のタ、福岡市博物館、福岡市総合図書館などの学びの施設も集まる市街地西部のシーサイドエリアです。リゾート気分を味わいたい外国人に、ぜひ勧めたいスポットです。天神から約15分で行けるので、人気のエリアです。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
初めて福岡に来る外国人に勧めたい福岡市の6つのエリア
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする