子どもと行きたい、福岡県立美術館。展示会が多彩。今は、「色彩の奇跡 印象派展」

子どもと行きたい、福岡県立美術館

福岡市中央区天神にあり、交通アクセスも非常に便利なところにある福岡県立美術館。天神へのショッピングの際には、一度訪れたいところです。何かと展示会が行われている福岡県立美術館。現在は、6月5日まで「色彩の奇跡 印象派展」が開かれています。印象派といえば、ゴッホでしょうか。そのゴッホの作品ももちろん展示されています。

先日は、お笑い芸人の永野さんが鑑賞に来られたようです。
「ゴッホより~普通に~ラッセンが好き~」と普段は言っている永野さんも「ラッセンより~普通に~ゴッホが好き~」と言ってしまうほど、ゴッホにほれ込んだようでした。

fukuoka-kenbi.jpより

fukuoka-kenbi.jpより

スポンサーリンク

色彩の奇跡 印象派展

2002年以来2度目の来日で九州では初公開となるフィンセント・ファン・ゴッホの「アルルのはね橋」(1888年)をはじめ、セザンヌ、モネ、ルノワール、ゴーギャンなど、ドイツのヴァルラフ=リヒャルツ美術館&コルブー財団が所蔵する、19世紀後半の印象派の作品を中心とした67点を展示されています。

色彩の奇跡 印象派展 概要

・開館時間:10時~18時(入場は17時30分まで)※月曜休館。
・入場料:一般=1,400円(前売り1,200円)、高大生=900円(同700円)、小中生=400円(同200円)

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
子どもと行きたい、福岡県立美術館。展示会が多彩。今は、「色彩の奇跡 印象派展」
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする