【マイナス金利】あなたが受けるダメージ!

マイナス金利って何?

日本初となるマイナス金利の導入が開始されました。大きくニュースにも取り上げられている「マイナス金利」ですが、そもそもマイナス金利って何?と思っている人も少なくないと思います。

普通私たちが銀行にお金を預けると、日本ではものすごく少ないですが利子がつき、少しづつ預金が増えていきます。ところが、マイナスの金利の場合、増えないどころか預金している分の利子を、銀行へ払わなければならなくなりますので、預金額が減っていくことになります。これがマイナス金利です。

お金が減るのなら、銀行から預金を全部引き出しタンスにしまおうとあっせてはいけません。なぜかというと、今回の「マイナス金利」は日本銀行と各金融機関における話で、普段私たちが利用する銀行の金利がマイナスになる、というわけではないからです。

しかし、私たちの生活にまったく影響がないかといえばそうではなさそうです。私たちの生活にどのような影響が出てくるのか。今回しっかりと考えていきましょう。
銀行

スポンサーリンク

銀行への預金は安心ではない

マイナス金利の影響を一番受けるのが各金融機関です。あなたが普段使っている市中銀行などが該当します。銀行は日銀に作っている当座預金と、私たちの預金の金利の違いで利ザヤ(利息の違いによる儲け)をあげていましたが、これがマイナス金利になると利ザヤがなくなり、銀行の収益が圧迫してしまします。

その結果、しわ寄せが来るのが私たちの預金の金利です。ただでさえ日本の金利はものすごく低いのに、さらに金利が下がってしまします。ほとんど利息が付かない状態です。現にメガバンクなどの定期預金の金利が下がっています。

私たち個人預金の金利には、マイナス金利は適用されていませんが、今後は個人預金にもマイナス金利が適用される可能性もゼロではありません
これは国からの明らかなメッセージで、お金を預貯金に回すのではなく、株や不動産などに投資していきなさいということではないでしょうか。

ATM手数料が増える可能性があります

マイナス金利で銀行の収益が圧迫されると、収益を確保するためATMの手数料をあげる可能性が出てきます。手数料をあげるまではいかないにも、時間外手数料を増加したり、月〇回までは手数料をいただきませんというサービスが縮小する可能性もあります。また、新たな名目の手数料が新設される可能性も考えられます。

金利が低いので、全然利息はもらえないが、手数料だけ上がる。これは実質的に見てすでにマイナス金利ですね。

その他にも、マイナス金利なのに住宅ローンの金利が上がる懸念、保険の利回りが急落する可能性などが考えられます。なにせ日本初のマイナス金利ですから、どのような影響が出てくるか今後もしっかりと見届けていかないと池いけませんね。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【マイナス金利】あなたが受けるダメージ!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする