【福岡】福岡県の市町村全部知ってる?筑豊地域編!

福岡県の市町村数は60!

福岡県には、北九州、、筑後の4つの地域に60の市町村があります。あなたは全部知っていますか?
前回は、北九州地域をご紹介しました。
今回は、筑豊地域です。

今津リフレッシュ農園で「ジャガイモ・タマネギ収穫体験」しませんか?
今年の初夏の体験に 今津リフレッシュ農園では、毎年、「ジャガイモ・タマネギ収穫体験」があります。すっかり恒例行事となっているわけですが、ジ…
スポンサーリンク

筑豊地域

自動車産業の集積、理工系大学との連携を活かし、新たな産業展開が進む地域です。福岡市、北九州市へのアクセスも良く、医療、福祉などの生活環境も充実しています。
炭鉱

直方市(のおがたし)

交通の利便性が良く、買い物環境も優れています。生活しやすい環境が魅力のまちです。キャンプ場やパークゴルフ場などのアクティビィ施設も充実しています。人口は57,871人。

飯塚市(いいづかし)

「飯塚アジアIT特区」に認定され、先端産業を支えるまちです。22カ所の大小さまざまな工業団地があり、製造業が盛んなまちです。人口は130,713人。

田川市(たがわし)

かつては炭鉱の町として有名なまちですが、現在は安心の医療体制と手厚い住宅補助で、移住・定住支援に注力しています。人口は49,438人。

宮若市(みやわかし)

炭鉱の閉山後、工業の町として発展してきた宮若市。トヨタ自動車九州とその関連企業が集積し、積極的な企業誘致を継続しています。人口は28,988人。

嘉麻市(かまし)

遠賀川の源流と市の約72%が森林・耕作地からなる、水と緑が美しいまちです。トレッキングやマウンテンバイクなど、アウトドアが楽しめる環境も魅力です。人口は40,696人。

小竹町(こたけまち)

明治以降石炭産業のまちとして発展してきたまちです。物流業や軽工業の企業が多く、女性が働ける職場が充実しています。人口は8,151人。

鞍手町(くらてまち)

鞍手ICに続き遠賀川渡線橋も開通し、交通の利便性が向上した鞍手町。住宅、金属加工、食品関連など、製造業が多く、住民の約40%が町内勤務のまちです。人口は16,733人。

桂川町(けいせんまち)

王塚古墳がある「文化の薫り高い心豊かなまち」は、コンパクトさと利便性の高さが魅力のまちです。県内唯一の総合高校も開校しています。人口は13,959人。

香春町(かわらまち)

筑豊のシンボル香春岳の麓にあるまちです。住民同士のつながり、連携が強い街で、地域みんなで子育てに取り組んでいます。人口は11,660人。

添田町(そえだまち)

町内に北部九州最高峰の英彦山がそびえ、美しい自然が溢れるまちです。ファミリーに優しい充実した支援制度があり手厚くバックアップしてくれます。人口は10,576人。

糸田町(いとだまち)

かつて炭鉱で栄えたまちは、自然の豊かさはそのままに子育てしやすいベッドタウンへと変化しています。まちぐるみの国際交流も盛んです。人口は9,480人。

川崎町(かわさきまち)

豊かな川に恵まれ、新鮮な野菜や果物の栽培に最高に適したまちです。バイキングを併設した農産物直売所には新鮮野菜が揃っています。人口は17,955人。

大任町(おおとうまち)

春には約600本の桜が咲き乱れ、通る人の目を楽しませてくれるメインストリートさくら街道で有名です。西日本最大規模の天然温泉もあります。人口は5,363人。

赤村(あかむら)

「DO YOU 農?」をキャッチフレーズに豊かな自然のもと、農林業の村として発展してきた村です。地産地消による食育にも注力しています。人口は3,317人。

福智町(ふくちまち)

「ほっと一息」リフレッシュできるまちとして愛され続けてきたまちです。町独自の補助教員を配置し、少人数できめ細やかな教育を推進しています。人口は23,970人。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡】福岡県の市町村全部知ってる?筑豊地域編!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする