【福岡の格差】新しい格差が広がっているはご存知ですか?移動格差

徐々に蝕まれている日本の地方

地方創生、地域活性と叫び、なんとかその衰退を紛らわそうとしている国や人たちも少ないのですが、その叫びとは裏腹に新しい格差とよばれるのも次々生まています。最近では、「移動格差」と呼ばれるものです。

スポンサーリンク

新しい格差の「移動格差」

学校基本調査によると、近年、大学進学のため、また大学卒業後に就職のために地方を出る人びとはかならずしも減っていないのに対し、進学や就職のため県外に出る高卒者や専門学校卒の人びとは減少しています。

これが、「移動格差」です。学歴に加え、おそらく特別の資産やコネをもたない者は、地方に留まるしか選択肢がなくなっているいう事実。「移動できる者」と「できない者」の二極化が、ここ福岡でも進んでいます

「移動格差」により新たに生まれる「地域カースト」

学歴に優れ、資産を持つ「社会的な強者」がいち早く抜けていく地方において、地方から出れない人は、これまで以上に地元の人間関係やしきたりを大切にすることが迫られます。地方の資源をサバイバルしていかなければならなくなります。結果として、地方には、「地域カースト」的とでも呼べる上下関係が目立つようになっています。移動の機会の減少は、それまでの人間関係を変え、ちがう自分になる可能性を奪っているとも言えます。

大きなパラダイムシフトが必要

少しずつですが、着実に、ニッポン丸は、沈んでいっています。今こそ、1人ひとりが、自分を、ニッポンを変えるんだという気概が必要なのかもしれません。一人ひとりの生産性をあげて、一人ひとりが多くの富を再び得なければならないと思います。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡の格差】新しい格差が広がっているはご存知ですか?移動格差
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする