今年、福岡県に台風上陸が多いワケ。台風上陸の周期の当たり年?

去年6年ぶりに、福岡に上陸した台風、今年も注意が必要

福岡と台風。上陸する台風は少ないですが、年平均して2~3つほど台風は接近します。接近といっても、かなりの被害を出しているわけですが、ここ数年は、上陸の警戒が必要です。

sea-nature-sunny-beach

スポンサーリンク

長期的な変動によれば、上陸あたり年

台風の動きの長期的な変動傾向をみると、20~30 年の長い時間スケールで変動しています。その周期の波動を見ると、ここ数年は、台風上陸のあたり年になっています。

台風災害の特色

台風は7月~9月を中心として、福岡県に接近・上陸します。特に、秋の台風には大型のものが多いのが特徴です。また、梅雨期や秋雨期は、台風から暖湿気が流れ込んで前線が活発化し、大雨による災害の危険性が高くなります。その例として、昭和20年9月に鹿児島県枕崎市付近に上陸後九州を北上した枕崎台風は、福岡県にも大きな被害を与え、死者・行方不明者は87名に達しました。平成に入っての被害は、平成3年9月に長崎県に上陸し、福岡県を北東に通過した台風第17号・19号では、死者・行方不明者14名、負傷者765名、家屋の全半壊4,448棟 に達し、風倒木等により農林業を大きな被害を出しています。

台風で知っておいたほうがいいこと

一般に台風の進行方向に向かって右側は左側に比べて風が強く、福岡県が台風の進路の右側に当たる場合には、その強風害に特に注意!台風が福岡県の西を通る場合は、筑紫山地の南側及び熊本県境付近で雨量が多くなり、福岡県の東を通る場合は、筑紫山地の北側で雨量が多くなる傾向にあります。

台風への備えと対策

以下、国土交通省気象庁のHPより抜粋

台風や大雨は、毎年大きな災害をもたらします。警報などの防災気象情報を利用して、被害を未然に防いだり、軽減することが可能です。テレビやラジオなどの気象情報に十分注意してください。台風や大雨の危険が近づいているというニュースや気象情報を見たり聞いたりしたら、災害への備えをもう一度確認しましょう。

■ 家の外の備え
大雨が降る前、風が強くなる前に行いましょう。
・窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要に応じて補強する。
・側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく。
・風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定したり、家の中へ格納する。

■ 家の中の備え
・非常用品の確認
 懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、救急薬品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品など
・室内からの安全対策
 飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼ったり、万一の飛来物の飛び込みに備えてカーテンやブラインドをおろしておく。
・水の確保
 断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。

■ 避難場所の確認など
・学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を確認しておく。。
・普段から家族で避難場所や連絡方法などを話し合っておく。。
・避難するときは、持ち物を最小限にして、両手が使えるようにしておく。

■ 非常持ち出し品の用意
以下は非常持ち出し品の一例です。
・リュックサック
・飲料水、乾パンやクラッカーなど、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、哺乳ビンなど
・救急医薬品、常備薬、マスク、紙おむつ、生理用品
・現金(小銭も)、預金通帳など、印鑑、健康保険証など、身分証明書
・下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴
・ナイフ、缶切、鍋や水筒、懐中電灯、ラジオ、電池、ロープ、マッチやライター、使い捨てのカイロ、ティッシュなど、筆記用具、ごみ袋
・防災頭巾やヘルメット、予備の眼鏡など、地図

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
今年、福岡県に台風上陸が多いワケ。台風上陸の周期の当たり年?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする