福岡への上陸が待たれるブルーボトルコーヒー。いつ出店?

2015年に日本に上陸した米国発のコーヒーブランド「ブルーボトルコーヒー」。日本では東京の清澄白河、青山、新宿、六本木、中目黒、品川の6店舗を展開しています。福岡への上陸が待たれるブルーボトルコーヒーですが、そのブルーボトルコーヒーの魅力を探ってみたいと思います。

ブルーボトルコーヒーの魅力

焙煎してから48時間以内のコーヒー豆のみを販売し、それからバリスタが客の目の前で、1杯ずつ丁寧に淹れてくれるハンドドリップのコーヒースタイルです。それではなく、さまざまな最新のテクノロジを活用しているハイテク企業の魅力があります。

スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒーのテクノロジー

1つは「アカイアスケール」というデジタルコーヒースケールを採用。分数とグラム数を同時に測れるスケールで、スマートフォンアプリと連動することも可能とのこと。

2つめは「TDSメーター」。糖度計のようにコーヒーに含まれているエッセンスを毎朝バリスタが計測し、その数値がターゲットのレンジに入っているかどうかを個人の舌だけでなく、数値として視覚でも確認することで、より安定した抽出を目指しているとのこと。

ブルーボトルコーヒー創業者のジェームス・フリーマン氏も次のように語っています。

答え合わせのように確認するものとして、デジタルツールを導入しはじめました。やはり、数字はすごく重要ですし、それがあることで、より自信を持って自分たちの基準を高めていけると思います。

ブルーボトルコーヒーのオンラインストア

現在、ブルーボトルコーヒーでは、アメリカのみで、できるだけお客様にご自宅でコーヒーを楽しんでいただけるようにと、さまざまな種類のコーヒー豆や、挽きたての状態を保てるコーヒー粉である「Bottle Perfectly Ground Coffee」というオンラインストアがあります。

日本へのオンラインストア、福岡への実店舗オープン待たれるところです。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡への上陸が待たれるブルーボトルコーヒー。いつ出店?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする