【地震】マグニチュードと震度の違いわかります?

”と“”を簡単に説明

地震大国日本。毎日多くの地震が発生しています。
記憶に新しい「熊本地震」、津波で多くの人がお亡くなりになった「東日本大震災」など、毎年といっていいほど大地震が発生しています。

地震が発生すると、地震速報が発表されます。テレビを見ていると、テロップで表示されますよね。このとき「マグニチュード」「震度」が表示されていますが、みなさん違いを理解できていますか?例えば、熊本地震の本震の場合、M(マグニチュード)7.3で熊本県西原村と益城町で震度7が観測されています。

今日はこの「マグニチュード」と「震度」について学んでいきましょう!

地震計

スポンサーリンク

マグニチュードとは?

マグニチュードとは地震の規模(エネルギーの大きさ)を表す尺度になります。マグニチュードには基準の違いによって何種類かありますが、日本で通常使われているのは気象庁が発表する気象庁マグニチュードになります。マグニチュードでは-2~12の大きさが設定されています。

もう少しマグニチュードをわかりやすくイメージしやすいように説明すると、プレートや断層の破壊が起こった範囲・広さを表す尺度のようなものです。もっとわかりやすく説明すると、日本では昔、地震が起こるのは、地下で“ナマズ”が暴れているからだと伝えられてきました。マグニチュードとは、この地下で暴れるナマズの大きさになります。

マグニチュードは、その数値が1つ大きくなると地震のエネルギーが約32倍になります。2大きくなると地震のエネルギーは32倍のさらに32倍の約1000倍になります。各マグニチュードのエネルギーの大きさが想像しにくいので、以下の表にまとめてみました。

マグニチュード 地震の規模 具体的な例で表すと
-2.0~ 極微小地震 リンゴを床に落としたときの振動レベル
1.0~ 微小地震 近くで爆発があったレベル
3.0~ 小地震 震源が浅いとゆれを感じるレベル
5.0~ 中地震 震源が浅いとかなりゆれるレベル
7.0~ 大地震 最大震度が6強~7になるレベル
8.0~ 巨大地震 関東大震災レベル
9.0~ 超巨大地震 東日本大震災、スマトラ島沖地震レベル
10.5~ 生物絶滅級 小惑星が地球に衝突レベル
11.5~ 地球消滅級 地球が真っ二つレベル

次のページで震度について学ぼう!

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【地震】マグニチュードと震度の違いわかります?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする