酸素は実は有毒!?を検証する

酸化すると錆びます。人への影響は?

私たちヒトをはじめ多くの生物にとって生きるために欠かせない酸素ですが、実は、有毒でもあるということを今回の記事では書きます。酸素は空気中に約20%ほど含まれています。私たちの周りの空気の約78%ほどが窒素で、残りの2%のうち半分ぐらいがアルゴンというガスからなっています。残りの数%は、は二酸化炭素やネオン、水素、ヘリウムなどです。二酸化炭素は約0.04%ほどで意外に少ないです。

スポンサーリンク

ある面において、酸素は有毒である

金属が、酸化(錆びて)して、使い物にならなくなるように、酸素は、酸素はフッ素に次いで電気陰性度が高いのです。電気陰性度が高いというのは、ほかの物質との反応性が高いということなので、金属の例のように、酸化もしやすいということです。ほかの物質と反応するとうことは、その物質の役割がなくなり、他の物質になってしまい本来の機能を発揮できなくなります。

その面においては、酸素は確かに反応が高いためにありすぎると有毒になりえます。ですので、最近の研究では、地球に直物が誕生し、光合成によって、大量の酸素が作りだされたとき、多くの生物が死滅したのではとも考えられています。

今、地球上にいるヒトをはじめ生物は、うまく酸素に適応した

今の生物は「酸素をうまく使う」という仕組みを手に入れたのです。酸素でやられる生物がある一方で、酸素をうまく活用し、より活力のある元気な生物へと進化していったのだと考えられています。

ただ過度な有酸素運動が、人のカラダを酸化させ、錆びつかせるということもありますので、気をつけましょう。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
酸素は実は有毒!?を検証する
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする