【福岡・中学受験】リビングで勉強する学習法

中学受験突破する子は、やはりリビングで勉強する子が多い。

福岡で私立中学受験を考えているお母さんの多い質問に「やっぱりリビングで勉強させた方がいいですか?」というのがあります。ずばり、やはりリビングで勉強できる子の合格率は圧倒的に高いです。

スポンサーリンク

リビングで勉強

子どもが静かに勉強しやすいように、子ども部屋を与えて、勉強机を用意してあげて、そこで子どもが勉強をする。これが、一般的なのかもしれません。それなのに、なぜリビングで勉強なのか。最初にリビングありきでなく、結果として、リビングだったような気がするんですね。子どもが自然とそこで勉強している、勉強する習慣がついてしまったというのでしょうか。なぜそうなったのか。これは、親子、兄弟と仲良くコミュニケーションがとれているからだと結論づけることができます。一緒にいることが、日常なのですね。だったら、そのままリビングで勉強してしまうと意識が働いているんだと思います。

リビングで勉強する効果

リビングで勉強する効果。ここでも、コミュニケーションなのですね。福岡の私立中学の入試問題の傾向も、昔比べ随分と様変わりしてきました。覚えたおしまいという勉強では、まったく歯が立たない問題が勢ぞろいです。暗記力を問われていないんですね。考える力、人に説明する力、日常生活に結びついたグラフの読み取りや観察力が試されるんですね。リビングで勉強していれば、必然的に、コミュニケーションをとります。実は、コミュニケーションというのは、考える力、人に説明する力と密に関わりますね。また、ご両親も、ほめやすくなりますね。認めてあげられますね。目の前で、お子さんが頑張っているわけです。ほめ言葉や優しい言葉の1つや2つ、声をかけてあげることができます。自我が芽生える11、12歳の子どもたちにとって、親から認められることは大きな力となります。自己肯定感がすごく高まるんですね。

コミュニケーションに一工夫

もう一工夫。これまで記述きましたように、リビング勉強の効果は、コミュニケーションにあるわけですが、このコミュニケーションは、ただ会話をすること、話すことがコミュニケーションの全てでないことです。つまり、書くことを通じて、コミュニケーションをとる工夫もしてみてください。敢えて、書いてコミュニケーションをする。このことにより、国語の読解問題を説明して答える問題や理科や社会の記述問題、算数の途中式など問題の大きな対策となります。自分の考えを論理的にまとめあげる力は、今の福岡の私立中学受験突破に関しても、なくてはならない能力です。この普段からの書くコミュニケーションこそが、自分の考えを論理的にまとめ、人に伝える訓練になるわけです。

まとめ

リビングで自然に勉強できる子というのは、普段から、家庭でコミュニケーションがとれていることです。まずは、意識して、お子さんとコミュニケーションをとるようにしましょう。自然とリビングで学べるようになっていくはずです。結果としてですが、福岡の私立中学受験突破の可能性は、各段に上がり、またそればかりでなく、好奇心やチャレンジ精神も一緒に育っていく子も多いような気がします。好奇心がり、チャレンジする子は、感性も想像力にも優れた子へとなっていきます。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・中学受験】リビングで勉強する学習法
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする