“福岡市総合体育館”平成30年12月照葉に開館!

福岡市民のスポーツ新拠点“福岡市総合体育館”

平成28年から福岡市民のスポーツの新拠点“福岡市総合体育館”の建設がスタートしました。場所は、開発が進む福岡市東区香椎照葉。大型の商業施設やマンション、ベジフルスタジアムなど、まさに現在建設ラッシュが続いています。

【福岡・東区】“ベジフルスタジアム”大迫力の「せり」を見学!
ヤフオク!ドーム約2個分の広さを持つ“ベジフルスタジアム” 福岡市東区のアイランドシティに最近オープンした青果市場をみなさんご存知ですか?…

この東区香椎照葉、通称アイランドシティに平成30年12月に福岡市総合体育館が完成します。落札者は清水建設株式会社を代表とするグループで、同社が設立した福岡照葉アリーナ株式会社が工事の管理等を行うことになっています。この福岡市総合体育館は、現在の市民体育館、九電記念体育館の後継施設として、市民のスポーツ拠点となる新たな体育館の機能をもつことになります。

提供:福岡市

提供:福岡市

スポンサーリンク

“福岡市総合体育館”施設概要

構造は鉄骨造りで、地上4階建ての施設になります。建築面積は約17,000m2とかなりの広さを誇ります。体育館内には収容観客数5,042席メインアリーナの他、サブアリーナ、武道場、弓道場、多目的室、トレーニング室、キッズルーム、研修・会議室、コンビニエンスストアなどが設置されるようです。

提供:福岡市

提供:福岡市

市民体育館と九電記念体育館

現在稼働している、市民体育館と九電記念体育館は今後どうなるのでしょう。市民体育館について市は、福岡市総合体育館の開館後は、安全性を維持できる範囲での補修をしながら、可能な期間利用する予定としています。九電記念体育館については、福岡市総合体育館の開館に合わせて閉館する予定としています。

福岡アイランドシティの歩み

発展目覚ましい東区照葉地区。今までの経緯や今後の計画を時系列で簡単にまとめてみました。

  • 1994年 総工費3940億円の人工島埋め立て工事開始
  • 2002年 第三セクター幹部が起こしたケヤキ・庭石事件発覚
  • 2003年 コンテナターミナルの利用が開始される
  • 2005年 住宅エリアの分譲販売が開始される
  • 2014年 市立こども病院が開院
  • 2015年 初の大型商業施設「照葉スパリゾート」が開業
  • 2016年 新青果市場「ベジフルスタジアム」が開場
  • 2018年 12月に福岡市総合体育館が開館予定
  • 2020年 福岡都市高速道路が延伸予定

今後、照葉地区はますます発展しそうですね。不正無き開発を進めてほしいものです。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
“福岡市総合体育館”平成30年12月照葉に開館!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする