福岡の女将“七條芙美”魅力に迫る!

福岡で活躍する女性「七條芙美」さんの魅力に迫る!

SUiTO FUKUOKA女将としておなじみの七條芙美(しちじょうふみ)さん。活躍は女将だけに留まらず、パネリストとしてメディアで活躍されたり、フードコーディネーターやセミナー講師、地域コンサルとしても活躍され、福岡を元気に盛り上げている今注目の人物です。

多方面で活躍される七條さんですが、その躍動感の源や考え方の背景などを今回掘り下げていってみたいと思います。過去の貴重なお話も聞けましたので、彼女のバックボーンを知るチャンスです。特に若い世代、中高生に聞いてもらいたい内容になっています。これからの働き方、人生観について非常に参考になる話が散りばめられていますので、今後の生活のお役に立てれば幸いです。
IMG_0313_R

スポンサーリンク

ハッピーリレーション ~人と人との縁を繋ぐ~

多方面で活躍される七條さんですが、個人で活動される場合はハッピリレーションという屋号で、「人と人との縁を繋ぐ」リレーション・クリエイターとして活動されています。もともと人が好きで、人と人のつながりをつくるのが得意分野である七條さんならではの肩書です。人と人との出会いで新しい仕事を生み出す。そんな出会を日々つくり出しています。「私の周りにはすごい人がいる。このすごい人達がつながると想像以上の大きな価値がうまれるに違いない!」との思いから、七條さんのリレーション・クリエイターとしての活動がスタートします。

自分の得意なことを仕事につなげていく、自分ができることを欲してくれることなら自然と仕事が生まれていく。この考え方は、今後の働き方について大きな指針になるような気がします。では、この七條マインドが生まれた原風景は何なのでしょう。彼女の過去を振り返ってみれば、そのヒントが隠されているかもしれません。

生きている間にたくさんの人に会いたい

現在、福岡を中心に活動されている七條さんですが、出身は長崎県の南島原市。海を隔てて輝く天草の明かりに都会への憧れを抱いていました。「絶対に都会へ出て、生きている間にたくさんの人と会いたい。」と小学生ながら思いを馳せていました。また、幼少期から英会話を習っていたことも要因の一つのようです。外国の講師から聞く話は衝撃的で、彼女の記憶に大きな影響を与えました。

みなさんは『兼高かおる世界の旅』という番組をご存知でしょうか?1959年から1990年にかけて、約30年の間、TBS系列局で主に毎週日曜日朝に放送された紀行番組です。でっかいメガネをかけたおばさんが世界を旅する番組で、それを毎週楽しみに見ていたと当時を振り返る七條さん。「私の知らない世界が沢山ある。もっといろんな場所に行って、いろんな人に会いたい。」世界への憧れをさらに強くしたようです。

七條さんに影響を与えた祖父母の存在→次ページへ

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡の女将“七條芙美”魅力に迫る!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする