【福岡市防災マップ】アプリで登場!災害時にオフラインでも使える

地震などの災害時にオフラインでも防災マップを確認

福岡市は地震などの災害時に役立つよう、アプリで福岡市の防災マップの配信を開始しました。福岡市とアウトドアアプリで有名な株式会社セフリが連携し、「YAMAP(ヤマップ)」というアプリ内にて福岡市の防災マップの配信をスタートさせました。

「YAMAP」では市が作成した避難所や主要病院などの防災情報を,電波が届かない状態でも確認できるようになっています。App StoreやGoogle Playで事前にアプリをダウンロードしておけば、手持ちのスマートフォンで確認することができます。
防災マップ防災マップ1

スポンサーリンク

安否情報なども搭載予定

アプリ内で確認できる防災マップには、小中学校や公民館、公園などの避難所、病院や消防署、交番などの施設情報を確認できます。災害時に必要となる施設情報を網羅して形になっています。紙ベースで配られた防災マップは、いざというときにどこに行ったか分からない場合が多く活用しづらい点がありましたが、スマートフォン内にダウンロードしておけばすぐに使うことができます。

今後は、安否情報や家族や友人と現在位置を共有する機能なども搭載していく予定になっています。これから更なる機能の充実に期待できそうです。みなさんも非常時のために確かな備えの1つのツールとしてダウンロードしておくことをお勧めします。

「福岡市防災マップ」「YAMAP」のダウンロードはこちら

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡市防災マップ】アプリで登場!災害時にオフラインでも使える
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする