子宮頸がんワクチン接種の是非とノゼボ効果問題

子宮頸がんワクチンについて、独断と偏見で記述しています。子宮頸がんワクチン接種に限らず、予防接種は自分で十分すぎるの勉強をし、最後は自己判断、自己責任のもと、接種することが一番と考えています。

子宮頸がんワクチン接種の是非

子宮頸がんワクチン接種による、副作用問題がずっと浮上し、現在では、その接種率は著しく低下しています。この原因は、メディアのネガティブ報道によるところが一番だと考えています。

スポンサーリンク

子宮頸がんとは?子宮頸がんワクチン接種実行までの経緯

子宮頸がんは主にウイルス感染によって引き起こされるので、ワクチン接種によって、ウイルスへの免疫を作れば予防が可能なのではないかと研究は進み、ワクチンは完成しました。日本でも2013年に小学6年から高校1年までの女子を対象にした定期接種が始まりました。日本のワクチン予防接種が進まないことへは、WHO(世界保健機構)を中心に、がん予防の機会そのものが失われていることを問題視する声も挙がっています。

ノゼボ効果

子宮頸がんワクチン接種の副作用問題を大々的にマスコミが扱うようになって、ノゼボ効果も広がっていると思われます。ある薬なり、注射を悪いものだと思いながら飲んだり、接種したりすると、本当にネガティブな効果、副作用がでてしまうという現象です。この思い込みの作用は、絶大です。病は気からとあるように、そのノセボ効果と逆のプラセボ効果も絶大です。飴玉を風邪薬だと思い込んで飲むと、身体にポジティブな効果がでるという者です。新薬開発の認証の最終段階で、プラセボ効果との有意性を証明しなければなりませんが、ここを突破することは案外難しいのです。

期待すること

今後研究が進み、遺伝子検査なので、個人個人のレベルその副作用が出るかどうかの検証できるようになることが望ましいと思われます。また、どんな女性が接種しても、副作用がでないワクチンが開発されることも望まれます。しかしながら、最大幸福の法則で、ノーリスクということは考えにくいとも一方で思います。自動車も、アルコール、カジノなどもそうですよね。ノーリスクを考えるのであれば、それらもこの世から排除しないといけません。

ガン予防の機会を行使するか否かは、現段階では、自己責任ということになるではないのかなあと思います。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
子宮頸がんワクチン接種の是非とノゼボ効果問題
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ