【福岡・テロ】福岡でテロが起きる可能性とその対策

福岡でテロが起きる可能性も否定できない時代へ

テロは、その規模の拡大し、手口の巧妙さなど年々複雑化しています。インバウント拡大や観光立国を目指す日本において、その可能性の上がり、福岡でも、そのテロが起きる可能性が否定できない時代へと突入していると思われます。今回は、そのテロについてのことを知ることで、その福岡でのテロの可能性を探ってみたいと思います。

juggler-performer-water-sea-65297

スポンサーリンク

世界テロ指数

世界の国々にテロが起こる危険度を示す「世界テロ指数」というランキングがあります。日本は、162カ国中124位に位置しています。トップ5を見ると、1位イラク、2位アフガニスタン、3位パキスタン、4位ナイジェリア、5位シリアと、テロや紛争がニュースを賑わす国が上位を占め、また、東南アジアの国々はそれなりに高順位で、フィリピン9位、タイ10位、インドネシア31位、ミャンマー35位、マレーシア48位、シンガポールは最終順位になっており、最も安全となっています。

シンガポールのテロ対策

テロが高い地域にもあるにも関わらず、また移民が多い他民族国家であるシンガポールにも関わらず、なぜシンガポールのテロの危険性が最も低いのでしょう。これは、日本や福岡でも参考にできる部分もあるのではないでしょうか。

シンガポールの首相リー・シェンロンは、オブザーバーとして出席したG20の際に、パリで起きたテロ事件はシンガポールでも起こりうるとし、心の準備するように、て国民に促しています。現実的には世界中どこも絶対安全とは言えませんが、シンガポールでは、首相自ら国民に危機意識を持つように問い、情報公開を適宜行っていることが伺えます。実は、トップのこのような姿勢こそが、テロを未然に防ぎ、また例えテロが起きたとしても、冷静沈着に行動を即し、二次被害が拡大しないことの秘訣なのかもしれません。

このことは、日本、福岡にも言えることではないでしょうか。地震をはじめとした天変地異、そしてテロ。こういうことについて、コミットメントをして、市民も当事者意識をもって、日々を生活を送ることが大事なのではないでしょうか。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・テロ】福岡でテロが起きる可能性とその対策
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする