【福岡】スタートアップ法人減税が実現へ!起業文化は根付くか。

福岡市の提案「スタートアップ法人減税」がついに実現へ!という記事です。

スタートアップ法人減税

国家戦略特区における創業企業に対する法人税の軽減措置(スタートアップ法人減税)が新たに創設される見通しとなったとのこと。制度の詳細につきましては,今後,法令の改正に伴い明らかになる予定です。詳細が明らかになった時点で、福岡市のホームページに掲載されるとのことです。

スポンサーリンク

福岡市の取り組み

福岡市は、開業率が高く、起業を推進しています。経済特区の枠を最大限に利用と今回は、この新たな税制に乗り出すようです。ベンチャー精神あふれる「起業・創業大国」としていけるよう邁進していますね!

新たな法人税の軽減措置の概略

福岡市をはじめ,東京圏・関西圏・愛知県など全ての国家戦略特区に適用。さらに以下の要件を満たす法人であることが必須です。

  • 特区の指定日(平成26年51日)以後に設立され,特区内に本店を有すること
  • いわゆる岩盤規制の特例措置を活用し,IoT,国際,医療,農業の4分野で一定の革新的なビジネスを実施すること
  • 特区法改正(今後予定)の施行の日から平成30年3月31日までの間に特区担当大臣の指定を受けること

設立の日から5年間,所得の金額を20%控除され、試算では,国税・地方税を合わせた,いわゆる法人実効税率は,福岡市で来年度約30%であるところ,対象法人については,24%台に下がる見込みとのこと。

その他の福岡市の主な取り組み

福岡市天神ビッグバンについて知っておきたいこと。

福岡市天神ビッグバンについて知っておきたいこと。
福岡市の取り組み「天神ビッグバン」ついて、知っておきたいことを詳しく記述しています。新しい情報は、随時更新しながら伝えていきたいと思います。…
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡】スタートアップ法人減税が実現へ!起業文化は根付くか。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする