【福岡・中学受験】中学受験生にとっての友達との関わり方

小学生のときにしかできない体験がある

中学を受験するからといって、それはイコール、友達と遊んではいけないにはつながりません。受験勉強は、得てして、孤独になりがちです。そんなとき、何でも打ち明けられる友達の存在はありがたいものとなります。ですので、そういう友達は、大切にしてもらいたいと思います。自分は受験勉強で忙しいからといって、その友人との距離をおかないようにしてもらいたいと思います。

スポンサーリンク

友達を越えた同志を見つける

「よく学び、よく遊ぶ」これができると最強です。偏差値上位校に合格している子どもほど、遊んでいるようにも思えます。大事なのは、友達を越えた同志を見つけることです。つまり、同じ学校を目指す友達とうのが近いでしょうか。わからないところは、友人同士、聞きあい、教え合うことができます。また、入試対策においても、自分では見落としていた傾向を、友人は気づいていて教えてくれるかもしれません。そして、スランプに陥れば、その友人の励ましが救いになるかもしれません。そういう本当の同志がいる子どもは、そうでない子どもに比べると、第1志望合格率も高くなります。

ただ、気をつけなけなければならないのは、八方美人になって、そんな友人を多く作ってしまっては、受験勉強のプラスになるどころか、マイナスになりえます。なんせ、浅く広く付き合うことになり、広く付き合うことで、勉強以外での時間にも多くを費やす可能性が高くなります。

受験における良き友

受験における良き友人は、「モデルケース」になりうる存在です。自分よりちょっと先をいき、受験生の模範となるような人です。その人の行動を自然と真似し、よい部分を吸収することにつながるからです。人は、身近な人の影響をすごく受けやすいです。

まとめ

  • 受験突破には、同志と呼べる友人がいると受験突破の確率は上がる。
  • 同志の多さよりも質にこだわろう。
  • よき同志とは、自分のモデルになるような存在

無理に作る必要もありませんが、受験勉強に友達はいらない。邪魔だと思っているご家庭がありましたら、今日示したことを考慮して、再考いただければありがたいと思います。受験生だからといって、勉強だけに専念させるのではなく、やはり小学生の時にしかできないこと。友人を作りやすい環境である小学校でもありますから、気心知れた友人の1人や2人いることが、子どもの人生を考えたとき、財産になりえるのではないでしょうか。同じ受援という目標をもち、努力した同志ならなおさらだと思います。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・中学受験】中学受験生にとっての友達との関わり方
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする