【福岡研究】福岡県の農林水産業のすごさ

福岡は、商業だけでなく、農林水産業もすごい

福岡県は、商業の街で、高度経済成長期を境に発展し、今や農林水産業(第1次産業)の割合は、3%にも満たないので、農林水産業の弱小県のように思われますが、そんなことはありません。多種多様な農業が、恵まれた自然条件のもとで営まれています。

スポンサーリンク

福岡の農業

福岡県の強みは、お米です。福岡県の耕地面積は、県土の17%を占めています。また、その中で、水田の割合は79%に上ります。「夢つくし」や「元気づくし」といった銘柄米も、全国的に認知されつつあります。

  • 全国1位の農産物に洋ランや種苗、タケノコの収穫量も1位
  • 全国2位のあまおうで有名なイチゴの生産に、小麦の生産量も2位

福岡の水産業

水産物は、玄界灘、周防灘、有明海、そして筑後川と豊かな漁場に恵まれており、獲れる魚介類が豊富です。

  • 全国2位の漁獲量に、ノリ、マダイ
  • 全国3位にアサリ

最近では、カキの養殖もさかんです。

課題は、農林水産業における従事者の減少

これは、福岡だけの問題ではないのですが、福岡自慢の食文化を守るためにも、従事者の環境改善など、従事者が増えていく環境づくりが急務となっています。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡研究】福岡県の農林水産業のすごさ
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする