【美容】歯を白くするテクニック“1日4回歯磨き”と“重曹パック”

「歯を白くしたい!」テクニック紹介

初めて会う人の第一印象はどこで決まりますか。やっぱり笑顔が大切ですよね。ニコッと笑った笑顔が素敵だと第一印象はかなり上がります。そこでどうしても気になるのは葉の白さ。白い歯が笑顔の中に見えるだけで、清潔感もありかなり好印象。

みなさんもいろいろな工夫をされていると思いますが、今日はfukuuが厳選したステインケアをご紹介します。毎日続ければかなりの効果が期待できます。歯科医でのホワイトニングにかかる費用も節約できちゃうかもしれませんね。

歯の着色汚れのことをステインと言います。原因はコーヒー紅茶、カレーなど色のついた飲み物や食べ物が歯に付着することです。正しいケアを心がけると付着度を減少させることができます。今日から早速実践していきましょう。

歯

スポンサーリンク

歯を白くするテクニック!「1日4回歯磨き」

歯磨きを1日何回しますか?私は1日3回します。ほとんど方が1日3回歯磨きをするんじゃないかと思いますが、ステイン除去のためには1日4回するのがベスト。歯に雑菌やステインが付着するは「食事」と「睡眠中」です。ですから、食後にする歯磨きだけでなく、起床後にも歯磨きすることが大切です。

特に口呼吸をしている人は就寝中かなりの雑菌が口の中に繁殖します。原因は口が乾燥するからです。雑菌が作り出す歯垢が歯の表面に付着し、歯がざらざらになります。歯がざらざらになるとそこにステインが付着しやすくなるというサイクルで歯が黄ばんでいってしまうのです。

食後だけでなく、起床後にプラス1回。つまり、朝2回、昼1回、夜の1回の歯磨きを習慣にすることで、歯の白さを保つことができるようになります。

歯を白くするテクニック!「重曹ブラッシング」

次は「重曹」をうまく使ったテクニックの紹介です。何といってもこのテクニックの良さはお金がかからないことです。歯医者さんでホワイトニングをするにも数万円のお金がかかりますし、市販のステインケアの商品もかなり高価。安く手に入る「重曹」をうまく使えば、費用を押さえつつもしっかりしたステインケアができます。

やり方はいたってシンプル。適量の重曹を歯ブラシにのせブラッシングするだけ。口の中がものすごくしょっぱくなりますが、そこは我慢!水溶き片栗粉のようにペースト状にして、歯をパックするようにしても効果があがります。パック後ブラッシングをすれば、さらに効果が上がります。

白いだけでなく表面がツルっとして輝く歯になります。不自然な白さではなく、健康的な白さを手に入れることができる方法ですので、一度試してみてください。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【美容】歯を白くするテクニック“1日4回歯磨き”と“重曹パック”
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする