【六本松・将棋界】佐藤天彦新名人誕生。地元福岡でも喜びの声!

佐藤天彦さん、羽生善治名人を破り名人を獲得し、新名人

ご存じの方も多いと思いますが、先日行われた第74期名人戦七番勝負第5局にて、勝利し通算成績を4勝1敗とした挑戦者の佐藤天彦八段が羽生善治名人を破り、新名人へ。

出典:www.asahi.com

出典:www.asahi.com

スポンサーリンク

福岡県からの名人は、加藤一二三(ひふみ)九段以来

佐藤天彦八弾は福岡県出身で、子供のころは、福岡の六本松にある「六本松将棋会館」に通っていたそうです。今回の快挙に同会館の顧問を務める荒巻政範さんは当時の佐藤さんについて「まだ小学生だったが、大人が対局してもまるで歯が立たなかった」と振り返っておられました。そして、「この道場から名人が生まれて、大変誇りに思う。福岡だけでなく、九州の将棋ファンがきっと盛り上がるはず。道場が評判になって、将棋好きの子たちがもっとたくさん来るようになればうれしい」と期待を込められていました。

佐藤天彦八弾の棋風

居飛車戦法を好んで指します。2014年頃からは、先手番では角換わり、後手番では横歩取りを主力戦法とているようです。とりわけ、後手番の横歩取りでは非常に高い勝率を誇っていることは周知のとおりです。終盤での粘り強い受けの手を得意とし、トップ棋士を相手に何度も逆転勝ちを収めており、今回の名人戦でもいかんなくその粘り強さを発揮しての快挙でした。対局中は、相手の離席時に体を前や横に倒したり、脇息に体を投げ出すなど独特の仕草を見せる事こともあります。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【六本松・将棋界】佐藤天彦新名人誕生。地元福岡でも喜びの声!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする