博多祇園山笠、”棒洗い”があり、いよいよ機運が高まる

博多祇園山笠迫る。”棒洗い”で山笠の準備が本格化

博多祇園山笠(7月1~15日)まで1カ月となりました。福岡市博多区の櫛田神社浜宮では、舁(か)き棒を洗い清める神事「棒洗い」があり、いよいよその機運が高まってきました。正装とされる当番法被の着用が解禁となり、山笠の準備が本格的に始まりました。

スポンサーリンク

博多祇園山笠の”棒洗い”

「走る飾り山笠」として知られる八番山笠・上川端通で、男衆約20人が参加し、6本の舁き棒(長さ約7・2メートル、重さ約80キロ)をトラックで博多埠頭(ふとう)にある浜宮へ運び、海水で清めます。

出典:sk-imedia.com

出典:sk-imedia.com

博多祇園山笠の”歴史”

博多祇園山笠の起源には諸説があるようです。櫛田神社の社伝によると、祭神の一つ祇園大神(素盞嗚命)を勧請したのが天慶四(941)年。すでに都(京都)では現在の祇園祭につながる御霊会が行われており、勧請間もなく始まったという説が1つ。また、文献的初見である「九州軍記」に基づいて永享四(1432)年起源説もあります。

諸説がある中で、博多祇園山笠振興会は一般に広く知られている聖一国師が仁治二(1241)年、疫病除去のため施餓鬼棚に乗って祈祷水(甘露水)をまいたのが始まりという説を取っている。当時は神仏混淆の時代。これが災厄除去の祇園信仰と結びついて山笠神事として発展したというのものです。この1241年を起源として、2016年の本年は丁度775回目の記念すべき開催となります。

時代は鎌倉、室町から戦国時代。博多の町は大陸貿易の基地として栄え、それが故に戦国大名、豪族の争奪の場となって焼け野が原と化した。その復興を命じたのが豊臣秀吉で、「太閤町割り」「博多町割り」と呼ばれます。その間、博多山笠も隆盛、衰退を繰り返したに違いない。 山笠は、古くは高さ15メートル前後のものをゆっくりと舁いていたが、「櫛田社鑑」によると、貞享四(1687)年正月、竪町(恵比須流)に嫁いだ土居町 (土居流)の花嫁が、花婿ともども里帰りしたところ、土居町の若者が余興として花婿に桶をかぶせるなどしたため、竪町の若者が怒って押しかけて一触即発に。この場は何とか収まったが、夏のお祭りの際、恨みが残っていた恵比須流が昼飯を食べていた土居流を追い越そうと走り出し、土居流も負けてはならじと走り、これが評判を呼び、「追い山」に発展したということです。

戦後に入り1955年(昭和30年)に「博多祇園山笠振興会」が発足、当時より「博多部外」の新天町等でも飾り山行事が行われ1962年(昭和37年)より「博多部外」である福岡市中心部に舁入れる集団山見せなどが行われるようになりました。さらに、1970年(昭和45年)から子供(小学生)が小型の山笠を舁く「子供山笠」も始まっています。

明治維新後も何度かの危機を乗り越えて現在の博多祇園山笠があります。(参照:HPなど)

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
博多祇園山笠、”棒洗い”があり、いよいよ機運が高まる
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする