【美容・ケア】夏にこそ、ケアを欠かさずに”乾燥肌ケア”

95%の女性が、保湿が足りていない事実

乾燥肌は、老化の進行を早めますし、いろいろな肌のトラブルの元です。夏場のケアを怠ると、冬が大変です。また、夏だからといって安心できません。どこへ行っても、効きすぎるくらいのエアコンだからけ、お肌には大敵です。今から乾燥肌対策をしっかりしておきましょう。

スポンサーリンク

肌の角質層を意識する

クリームなどつけなくても肌がしっとりしていたのに、なぜ年齢を重ねるとともに乾燥肌になっていくのでしょうか。その秘密は肌の一番上にある「角質層」という厚さわずか0.02mmの部分にあります。

角質層は、本来肌の内側の水分が外に逃げないようにする役目があるのですが、角質層自体に保水成分があり、それによって肌の潤いが保たれています。しかしながら、年齢とともに皮脂や水分の量が少なくなり、乾いた空気や紫外線などによって肌が乾燥した状態が続くと、うるおい成分の力も弱まり、肌の水分が蒸発しやすくなります。



角質層の守る対策

ステップ1:化粧水で保湿成分を補給し、潤いを与える

洗顔後すぐの肌は水分を含んでしっとりしています。しかし、一番乾きやすい状態でもあります。そこで、すぐに化粧水で保湿成分を補給が大切です。このときに、角質にある保湿成分、「天然保湿因子(NMF)」のヒアルロン酸やアミノ酸などが含まれるの化粧水を補ってあげたり、角質層の「細胞間脂質」であるセラミドなどが入ったものを補ってあげるのも効果的です。また、加齢とともに分泌量が減っていく女性ホルモン様成分であるイソフラボンも、皮脂の分泌を促して、肌にしっとりしたつやを与えてくれます。

ステップ2:乳液・クリームで角質層の守りをかためる

化粧水でしっかり保湿成分を補給したら、水分が蒸発しないよう、油分で水分をしっかり封じ込めるケアが必要になります。その役目を果たしてくれるのが乳液やクリームです。せっかく補ってあげた水分が蒸発するのを防ぎ、フタをしてあげます。最近の乳液には、保湿成分以外にもさまざまな有効成分が含まれており、選ぶ際には、プラスアルファの機能を考えて選んでみてもいいかもしれません。
\505人以上のヘアメイク絶賛/話題の深層保湿スキンケア!

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【美容・ケア】夏にこそ、ケアを欠かさずに”乾燥肌ケア”
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする