【福岡・パワースポット】「柳川ひまわり園」50万本のヒマワリに囲まれる

「柳川ひまわり園」50万本のヒマワリに包まれてエネチャージ!

夏バテに効果抜群のおすすめスポットをご紹介します。場所は有明海に面している福岡県柳川市。水郷の街として有名なこの柳川の干拓地に、「柳川ひまわり園」という約50万本ものヒマワリの花を観賞できるスポットがあります。

毎年7月下旬から8月上旬にかけて、青い空の下に黄色い一面のヒマワリ畑が現れます。何といってもこの青い空と、ヒマワリの黄色のコントラストは見るものを元気に、そして陽気にさせてくれます。

実はヒマワリには見るものを元気にしてくれるだけではなく、土も元気にしてくれる効果があるってご存知ですか?たまに、農家さんが作物を作っている畑の中にヒマワリ畑を見かけますが、実はあれ「緑肥」といって、土に栄養を与えているんです。植えてあるヒマワリが開花したあとは、そのまま畑と一緒に耕してしまいます。ヒマワリの根や茎には栄養がたくさん詰まっているので、その栄養で土が元気になるといった仕組みです。また、ヒマワリは地中深く根を張るので、土に空気が入り水もしみ込みやすくなり、更に土の状態がベストコンディションになるようです。

まさに「元気を与えてくれる花」ひまわり。開花時期は7月中旬から8月上旬にかけて。自然からいただけるエネルギーをもらいに「柳川ひまわり園」に足を運んでみませんか。

柳川ひまわり

スポンサーリンク

柳川市の魅力紹介

柳川といえばみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?「水郷の街」「うなぎのセイロ蒸し」などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。もちろんこの2つは柳川の代名詞といってもいいほど柳川を代表するものです。他にも魅力がたくさんありますので、そちらもご紹介します。

柳川市は、福岡県の南部に位置し、筑後地域に所属している市です。市内を流れる掘割が美しく風情がある「水郷の柳川」。地平線に広がる農地と有明海のお宝、海産物が豊富です。毎日開催されている「中島朝市」では、地元の作物や海産物を新鮮な状態でしかもお得な価格でゲットすることができます。

お堀を巡る「川下り」も有名で、市内を流れる掘割を「どんこ船」で船頭さんと下ることもできます。贅沢な優雅な時間を満喫することもできます。お堀で獲れるウナギ料理も有名で、市内にはうなぎの名店が軒を連ねています。焼いたうなぎに甘辛いタレをぬり、ごはんの上で蒸し焼きにする「うなぎのセイロ蒸し」は、柳川を代表する郷土料理にもなっています。

柳川市内には学校が多く、教育面の施策も充実しています。市内全中学校を対象とした「キャリアウィーク」や小学4年生を対象とした「チャレンジサイエンス」など充実した教育環境を整えています。

福岡市内へのアクセスも良好で、高速や西鉄電車を使えば約50分で福岡市内中心部にたどり着けます。仕事や定住、子育ての支援制度も整備されていますので、市内で働きながらもスローライフを楽しみたい方には最適な場所ではないでしょうか。

「柳川ひまわり園」詳細情報

  • 場所:福岡県柳川市橋本町
  • 見頃:ヒマワリの見頃 7月下旬~8月上旬
  • 本数:約50万本
  • 料金:入園料無料

あわせて読みたい記事

【柳川・花火大会】“有明海花火フェスタ”穴場観賞スポット情報!
“有明海花火フェスタ”光のシャワー「スカイナイアガラ」観賞スポット 福岡県柳川市で、毎年8月の中旬に開催される花火大会“有明海花火フェスタ…
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・パワースポット】「柳川ひまわり園」50万本のヒマワリに囲まれる
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする