【福岡・緑のパワースポット】宗像“八所宮”緑の参道を通って神秘的な世界へ!

“八所宮”蒸し暑さを忘れさせる緑の浄化パワー

梅雨前半の雨はしとしとと木の葉を濡らすような穏やかな雨をもたらしてくれますが、連日大雨洪水警報が出されるほどの降雨が続いています。福岡市の弱点は洪水対策。地下街などが水浸しにならないか心配しています。

さて今日はこの大雨が終わった後に訪れたいスポットをご紹介します。今回で第4回目の掲載になりますが、筆者otoがお勧めする緑のパワースポット特集です。今日ご紹介するには、福岡県宗像市にある「八所宮」という神社です。この場所は樹齢数百年のイチイ樫など、古くからの原生林が生い茂るスポットで、福岡県が指定する天然記念物にもなっています。背丈の高い木々が参道を取り囲み、崇高な緑のアーチを形作っています。梅雨の雨上がりに行けばまさに「緑燃ゆ」状態。大地の膨大なエネルギーを得られること間違いありません。

出典:http://area.walkerplus.com/

出典:http://area.walkerplus.com/

スポンサーリンク

緑あふれるパワースポット!宗像“八所宮”

この「八所宮」ですが、日本神話に登場するイザナギ・イザナミなど4夫婦8神を祀っている神社で、天照大神以前の神々を祭る歴史が古い神社です。「願掛けの神様」としても、有名な神社で、古くは多くの武将から今では漁師さんが航海の安全と大漁を祈願しに訪れているようです。

祀られ始めたのは674年で、初代天皇の神武天皇が東征した時、赤馬に乗り皇軍を先導された八所の神様を祀っている神社だそうです。地名もこの話からとられた地名で宗像市赤間。赤い馬が赤間に転じて現在の地名になっているようです。現在も赤間の地の守り神として地元民の熱い信仰を受けています。

境内には、万病治癒・厄災解除のご利益がある「現人神社」があり、病気が治癒したという多くの逸話が残されています。福岡出身の実業家「出光佐三」も、ここで願掛けをし失明の危機を乗り越えたといエピソードも残されています。

宗像“八所宮”詳細情報

  • 場所:福岡県宗像市吉留3186
  • 駐車場:100台 無料
  • 電話:0940-33-4467(八所宮)

福岡県宗像市はどんな街?

交通安全の神様として有名な「宗像大社」がある街です。その他にも日本神話に登場するイザナギ・イザナミなど4夫婦8神を祀っている「八所宮」もあり、古い歴史を感ることができる街です。地理的に北九州市と福岡市の福岡県の2大都市の中間点に位置し、ベッドタウンとして発展しています。

山や海といった自然環境にも恵まれていて、福岡でおいしい魚を食べられる地域は?と聞かれたら「宗像市」をあげる人が多いのではないでしょうか。玄界灘の荒波にもまれた“鐘崎天然とらふく”も有名で、高級魚として高い人気を誇っています。

プラネタリウムや流水プール、釣り堀などレジャー施設も充実していて、ファミリーが生活しやすい住環境も整っている点も魅力です。家賃補助や住宅購入補助制度も充実していて、子育て世代をしっかりバックアップしてくれます。

あわせて読みたい記事

【パワースポット】福岡・篠栗町「南蔵院」で緑に包まれる

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・緑のパワースポット】宗像“八所宮”緑の参道を通って神秘的な世界へ!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする