2018天神ホラーハウス「こっちにおいで」7月21日から開催

シェアする

スポンサーリンク

5年ぶりに、最恐!天神ホラーハウスがソラリアステージ6Fに帰ってきます。2011年に4万人以上もの来場者が押し寄せたあの恐怖を、2018年夏に再び味わうことができます。

2018天神ホラーハウス「こっちにおいで」

2018年7月21日(土)~8月15日(水)に、福岡市天神のソラリアステージ6F西鉄ホールを会場に、最恐ホラーハウス「こっちにおいで」ー蘇る戦慄の恐怖、あのトンネルの先の都市伝説、ふたたびーが開催されます。

2011年から2013年にかけて開催され、多くの来場者が訪れた人気のホラーイベントです。2018年は、AとBの2つのコースが準備され、異なる2つのストーリーで恐怖を味わうことができます。

観覧料は、A・B両コースとも当日券で800円、A・Bセットで1,500円となっています。前売りは割引料金となっていますのでお得です。開催時間は13:00~20:00分(入場は19:30分)で、期間中は無休で開催されます。

スポンサーリンク

「こっちにおいで」あらすじ紹介

連日の蒸し暑い夜。
涼しさを求めて山奥へドライブをしていた1組のカップルが行方不明になった。

ここは とある山中。
人気もない不気味なトンネルの先にあるのは
数々の恐ろしい噂の絶えない廃村。
二人は いつのまにか その村へ入ってしまったようだ。

薄暗い不気味なトンネルを抜けてしばらく進むとそこには
乗り捨てられた1台の白い車。
よくみると 血にまみれている。
何かの事件に巻き込まれたのか?いったい何がここで起きたのか?

底知れぬ恐怖におののきながら警察に電話しようとするが
ここは携帯の電波も届かない山中だ。
道端の古い電話ボックスの公衆電話も壊れているようだ。

いやな予感がしてきたが道に迷ってしまった二人は もう あとへは戻れない。

この廃村から出るには 前に進むしかない。

入口のトンネルを抜けるとAコース・Bコースへとゲストは分かれ それぞれのコースの入口の前でストーリーの説明を受け各コースに進んでいきます。

  • Aコース 廃屋のむこうに
  • Bコース 診療所への道

2018天神ホラーハウス「こっちにおいで」イベント概要

  • タイトル
    最恐!天神ホラーハウス
    こっちにおいで「蘇る戦慄の恐怖、あのトンネルの先の都市伝説、ふたたび」
  • 開催期間
    2018年7月21日(土)~8月15日(水)期間中無休
  • 開催時間
    13:00~20:00(最終入場は19:30まで)
  • 開催場所
    ソラリアステージ6F西鉄ホール(福岡市中央区天神2-11-3)
  • 観覧料
    Aコース「廃屋のむこうに」800円 前売りは700円
    Bコース「診療所への道」800円 前売りは700円
    A・Bセット券 1,500円 前売りは1,300円

福岡の恐怖スポット紹介

福岡県内にある心霊スポットだといわれているスポットを紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2018天神ホラーハウス「こっちにおいで」7月21日から開催
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする