【福岡・天体観測】10月30日に金星と土星が最接近!

2016年10月30日(日)、地球と同じように太陽の周りを公転している天体、金星と土星が最接近します。最接近時間帯は夕方18:00頃。

太陽系の惑星の天体ショー

宵の明星、明けの明星として古くから親しまれている金星、太陽系の惑星で2番目に大きい、環を持つ土星は地球からも肉眼で観察でき、夜空にひときわ輝いて見えます。この2つの惑星が2016年10月30日(日)に最接近し、接近距離3度で観察することができます。

南西の地平線から約10度付近に、接近した金星と土星が輝いて見えます。10月30日前後の日でも、接近した金星と土星を観測できますが、10月30日が最接近日になります。地球の内側を回る内惑星である金星。地球の外側を回る外惑星である土星が、地球の南西の空で大接近なんて、ロマンを感じざるを得ません。19時前には沈んでしまいますが、秋の澄んだ空気のもと神秘的な天体ショーをご覧ください。

【福岡・天体観測】福岡の天体観測スポット紹介!デートに最適なおすすめ3選!

スポンサーリンク

10月30日の福岡の天気は?

10月30日(日)に、金星と土星の最接近が観察できるのですが、気になるのが当日の天気です。10月は比較的春の日が多いのですが、10月30日の天気はどうでしょうか?

過去30年間の天気出現率を確認してみると、晴れの確率が66.7%、曇りの確率が16.7%、雨の確率が16.7%、雪が降る確率は0.0%となっています。過去の統計から、10月30日は晴れる確率が高そうです。この日は是非天体観測してみてください。

【福岡・天体観測】肉眼で観察できる流星群リスト!四季の流星群

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・天体観測】10月30日に金星と土星が最接近!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする