2017年センター試験は大雪に注意!今季最強の寒波襲来!

センター試験当日は、過去を振り返ってみても大雪になる傾向が非常に大きいようです。2017年のセンター試験も、今年一番の寒気が流れ込んでくるようで注意が必要です。

今季最強の寒波が襲来!

出典:日本気象協会

気象庁の予報によると、今週は寒波が2回襲来するようです。11日(水)に1回目の寒波が北日本を中心に襲来し、寒さが非常に大きくなる見込みです。2回目がちょうどセンター試験当日に当たり、14日(土)から15日(日)にかけて日本全土が寒気に覆われる形となります。

例年の傾向から、輪島市の上空5000メートル付近に-36度以下の寒気が入ることが、大雪の目安となっているようですが、センター試験当日に襲来する寒気は輪島市で-41度くらいにもなる年に1度あるかないかの最強の寒気です。

過去の例を見てみると、2014年12月17日から18日に輪島で-36度以下の寒気が入った時は、北陸から北日本の日本海側は大雪や猛吹雪となり、太平洋側にも雪雲が流れ込み名古屋で23センチの積雪を観測しています。今回はそれ以上の寒気が流れ込むため注意が必要です。

スポンサーリンク

センター試験当日に備えて

寒波が襲来することが予想されますので、あらかじめ対策を講じておくことが大切です。まずは寒さ対策。試験会場が底冷えしている可能性もありますので、寒さで集中できない状況に陥らないように暖かい格好で試験会場に向かうようにしましょう。

また、会場が暖房で暖かくなっており眠たくなる可能性もありますので、暑いときに温度調節できるように、脱げるような服装を取ってください。貼るカイロも、暖かくなりすぎる可能性がありますので、貼りすぎに注意してください。

交通機関への影響も懸念されます。雪による交通渋滞や遅延なども考えられますので、雪が積もりやすい地域にお住まいの方は前泊したり、いつもより早く家を出るなどの対策を考えておいてください。

試験時間の繰り下げなども考えられますので、会場でしっかりと勉強できるように、教材なども選別しましょう。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2017年センター試験は大雪に注意!今季最強の寒波襲来!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ