みずがめ座η流星群6日の明け方が見頃!天体観測情報

GW期間中の5月5日から日付が変わった5月6日の未明にかけて、みずがめ座η流星群が見ごろを迎えます。GW期間中に見える貴重な流星群ですので、明け方まで天体観測を楽しめます。

みずがめ座η流星群

みずがめ座η流星群の母彗星は1P/Halley彗星で、GW期間中に見える流星群として有名です。みずがめ座η流星群のηは「エータ」と呼びます。南半球ではペルセウス座流星群並の大きな流星群として有名ですが、北半球の日本では地平高度が低いため、それほどまで多くは観測されない流星群です。

しかし、ゴールデンウィークに極大を迎えるため、年間の流星群の中でも人気の流星群になります。2017年5月6日未明の月齢は9.6で、上弦の月から満月に変わる途中の月です。深夜から明け方にかけて西の空に月がありますので、東の空を中心に観測を行うといいでしょう。

2017年のみずがめ座η流星群の出現ピークは、実は5月6日(土)の11:00頃になります。日中がピークですが、この流星群はピークがなだらかなため6日(土)明け方やその近くの夜には観測できます。

スポンサーリンク

気になる天気は?

西日本、九州は6日未明は曇りのようです。残念ながら流星群は見えにくい状況ですが、雲間から見えるチャンスはあるようです。また、この日だけでなく近くの日の夜にも観測できますので、あきらめずに粘ってみるのもいいかもしれません。

あわせて読みたい記事

【福岡・天体観測】福岡の天体観測スポット紹介!デートに最適なおすすめ3選!
福岡で天体観測を行うならということで、今日は天体観測に適したスポットをご紹介します。どのスポットも本格的な天体観測に適し...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
みずがめ座η流星群6日の明け方が見頃!天体観測情報
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ