福岡の女子大生恋愛図鑑:福岡大学1年大柳美穂の場合

晴れて西南学院大学へ

私、青木加奈。西南学院大学人間科学部児童教育学科1年。そうこの春、私は、念願の女子大生になったのだ。長崎という片田舎からどうしても抜け出したかった私にとっての念願だった。西南を選んだ理由も、おしゃれでかわいい女子に、洗礼された都市にいう田舎者の私にとって憧れだったから。それと西南が今年100周年ということと曾おじいちゃんが今年100歳ということでなにか縁を感じたということで、西南を選んだ理由に大した理由があるわけでもないのだ。とにかく、都会に出て、女子大生になりかった。だから、無難に卒業して、無事に小学校教諭にでもなれればいいと思っている。それから、いい伴侶になる人も、大学時代に見つけられればと思っている。

さて、明日は入学式。今日は、長崎から両親も私の部屋に来ている。つい最近まで、高校生で、実家で生活をしていたなんて思うと不思議だ。明日から、女子大生として、新しい私の人生がスタートする。

スポンサーリンク

登場人物

主人公:青木加奈(18歳)西南学院大学人間科学部児童教育学科1年。
父親:青木敏郎(48歳)公認会計事務所を経営
母親:青木彩(45歳)専業主婦だが、今はやりのBASEなど自分の手芸作品を販売

津田亜矢(18歳)加奈の小学校からの幼馴染で福岡大学経済学部1年生。
加茂京香(20歳)西南アナウンスメント研究会の先輩
水野茂(18歳)西南学院大学人間科学部児童教育学科1年とクラスの席が隣。
石毛尚成(26歳)加奈のバイト先の学習塾講師
中島美奈(18歳)バイト先の学習塾で一緒になった九州大学法学部1年生。

などなど、続々登場。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡の女子大生恋愛図鑑:福岡大学1年大柳美穂の場合
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ