エアコンの電圧は200Vの100Vどちらがいいの?

梅雨時期から活躍しだすのがエアコン。いざ動かしてみると調子が悪く買い替えになる場合もあるのではないでしょうか。今日はエアコンと電圧の関係について調べてみました。

エアコンには100Vと200Vのものがある

普段何気につかっているエアコンですが、実は100V用のエアコンと200V用のエアコンの2種類があることをご存知でしょうか。エアコンの出力が必要な16畳以上の部屋の場合は200Vのエアコン、10畳以下の場合は100Vのエアコンが主流のようです。

ところがその中間の12畳~14畳ほどの広さになると、100Vと200Vの両方のエアコンが販売されています。この場合はどちらを選んだ方がいいのでしょうか。

スポンサーリンク

消費電力はほとんど同じ

実は200V用のエアコンも100V用のエアコンも消費電力はさほど変わりません。電圧Vは電流を流そうとするパワーですので、200Vのエアコンの方が電力が大きくなりそうですがそうでもないのです。

消費電力を同じだと設定すると、次のような違いが見られます。

  • 600W=100V×6A
  • 600W=200V×3A

家庭の電気代は消費電力で決まります。したがってどちらの場合も消費電力が変わりませんので、電気代に大きな差は見られません。上記の例の場合は、消費電力は変わらず、電流の大きさが変わっていることに気づくと思います。

200Vのメリット

では、200Vの電圧のエアコンはなぜ存在するのでしょうか。それは、200Vの電圧の方が電流に余裕をもって電気を使用することができるというメリットがあるからです。

200Vの電源は、オール電化住宅等でよく使われていて、消費電力が大きくなっても電流を小さく抑えることができます。回路に流れる電流が大きくなると、電圧降下も下げることができエネルギー効率も上げることができるようになります。

したがって、消費電力が大きくなるような家庭の場合は200Vの電源を確保できる状態にすることが望ましいです。

デメリット

一方、デメリットは、200Vのエアコンを設置するためには、単相三線式で200vの電圧線を利用しなければなりません。なので一般家庭のような単相二線式の電源の場合は、電気会社との契約自体を見直さなくてはなりません。また、家の中の配線も工事をする必要があります。

また、エアコン本体の価格も100V用のエアコンよりも少し効果になってしまうというメリットがあります。

まとめ

今後、家族のライフプランにあわせてどちらのエアコンにするかは、しっかり考えて決めた方がよさそうですね。また、近くの電気屋さんなどに相談するのも一つの手ですね。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
エアコンの電圧は200Vの100Vどちらがいいの?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ