福岡市植物園「春の見頃の植物」サクラのあとも魅力がいっぱい!

春は気温が高くなり、寒い冬を過ごした植物たちが一斉に開花時期を迎えます。福岡市で植物といえば「福岡市植物園」。広大な敷地の中に多くの植物たちがひしめき合います。

春の福岡市植物園

春といえば「サクラ」。園内にはいたるところにサクラが咲き誇っています。ソメイヨシノが全国的に有名ですが、ここではその他にも多くの品種のサクラが見られます。ソメイヨシノの時期が終わると、少し遅れて開花するサトザクラ系のサクラが見頃です。

サクラ以外にも、鮮やかな色で春を演出する「シャクナゲ」「ツツジ」「ナデシコ」「ハナミズキ」「ボタン」「アヤメ」、そして「バラ」などが満開のシーズンを迎えます。

一年の中で、4月から5月にかけてが一番の花の見頃を迎えます。特に5月から咲き乱れるバラ園には多くの観光客が集まります。

スポンサーリンク

福岡市植物園の春の植物一覧

  • トベラ
  • シマトネリコ
  • カミヤツデ
  • サトザクラ‘八重紅大島’
  • サトザクラ‘一葉’
  • サトザクラ‘紅豊’
  • サトザクラ‘天の川’
  • サトザクラ‘御衣黄’
  • サトザクラ‘兼六園菊桜’
  • サトザクラ‘関山’
  • サトザクラ‘鬱金’
  • サトザクラ‘思川’
  • サトザクラ‘普賢象’
  • アベマキ
  • ウワミズザクラ
  • オオデマリ
  • クルメツツジ
  • コブクザクラ
  • シキミ
  • ソラヌム・ラントネッティ
  • タラヨウ
  • トキワマンサク
  • トサミズキ
  • ナンテン
  • ネコノツメ
  • ハナイカダ
  • フッキソウ
  • ブルーベリー
  • ヤマモモ
  • ユズリハ
  • マンゴー
  • パパイア
  • バナナ
  • タビビトノキ
  • パラミツ
  • 金鯱(キンシャチ)
  • シクンシ
  • トケイソウ’アラタ’
  • コエビソウ
  • チャンチン
  • ライラック
  • ハンカチノキ
  • カワラナデシコ
  • ムラサキシキブ
  • ジュウガツザクラ
  • アーコレード
  • ハナナ
  • マンリョウ
  • ハンゲショウ
  • ミモザアカシア
  • スモークツリー
  • シャクナゲ
  • ヤエベニシダレ
  • ジンチョウゲ
  • カンヒザクラ(寒緋桜)
  • オガタマノキ
  • サンシュユ
  • ミツマタ
  • アオモジ
  • コブシ
  • モクレン
  • ソメイヨシノ
  • オオシマザクラ
  • サトザクラ‘鬱金(ウコン)’
  • サトザクラ‘御衣黄(ギョイコウ)’
  • ヒトツバタゴ
  • ホオノキ
  • カリン
  • キリシマツツジ
  • ヒラドツツジ
  • ハナミズキ
  • アカボシシャクナゲ
  • ボタン
  • シャクヤク
  • エゴノキ
  • ウツギ
  • アヤメ
  • ユリノキ
  • トチノキ
  • カルミア
  • ニシキギ
  • ハイビスカス
  • ウキツリボク,アブチロン
  • アリストロキア・ギガンテア
  • ブーゲンビレア
  • ボーモンティア・グランディフロラ
  • ゲンペイカズラ,クレロデンドルム
  • 夜の女王
  • ベニヒモノキ
  • セイロンベンケイ
  • ヒスイカズラ
  • ラン
  • バラ

「福岡市植物園」詳細情報

福岡市動物園に併設するような形になっています。動物園側からでしたら、専用のモノレールを使って行くことができますが、正門から直接植物園に行くこともできます。

  • 場所:福岡市中央区小笹5-1-1
  • 休園日:毎週月曜、年末年始
  • 開園時間:9:00~15:00(最終入園は16:30まで)
  • 入園料:大人600円 高校生300円 中学生以下無料
  • 駐車場:500円
  • 電話:092-522-3210

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡市植物園「春の見頃の植物」サクラのあとも魅力がいっぱい!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ