築城町の白い彼岸花は9月中旬から見頃!白い彼岸花祭りも開催

9月中旬、秋のお彼岸の時期が近づく頃、福岡県築上町伝法寺の正光寺周辺には、珍しい白いヒガンバナの群生が見ごろを迎えます。

築城町正光寺の白い彼岸花

毎年、秋の彼岸時期になると、田んぼのあぜ道に咲き誇る秋の花といえば「彼岸花」です。秋を感じさせる秋の代表として日本の風景に溶け込んでいます。

この時期、福岡県築上町の正光寺周辺では、珍しい白い彼岸花の群生が観賞できます。真っ白ではなく少し黄色身をおびた花、淡いピンクの華芯。その姿はまるで野に咲く妖精のようです。

正光寺周辺に咲く白い彼岸花は約1万本と、九州でも最大級の多さを誇ります。秋の彼岸時期になると、県内外から多くの観光客で賑わう築城町の人気のスポットです。

白い彼岸花

スポンサーリンク

築城町「白い彼岸花祭り」

白い彼岸花が最も美しくなる秋の彼岸時期、毎年「白い彼岸花祭り」が開催されています。この祭りは、地元の皆さんが中心になって開催している祭りで、満開の彼岸花を求めて多くの観光客が訪れます。

2017年の「白い彼岸花祭り」は9月23日(土)~24日(日)に開催されます。祭り前に襲来する台風18号の影響が気になりますが、彼岸花の花が落ちないことを祈ります。彼岸花以外にも福引や出店販売なども開催されます。

  • 場所:福岡県築上郡築上町大字伝法寺1357
  • 開催日:2017年9月23日(土)~24日(日)
  • 開催時間:10:00~17:00
  • 駐車場:無料(隣接する公園に駐車場あり)

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
築城町の白い彼岸花は9月中旬から見頃!白い彼岸花祭りも開催
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ